ここから本文です

2019年8月5日~8月9日の中国株式マーケット動向

8/16(金) 7:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

三井住友DSアセットマネジメント株式会社が、2019年8月5日~8月9日の中国株式市場について振り返ります。※本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するマーケットレポートを転載したものです。

株式市場

先週の中国本土市場は、上海総合指数が前週末比▲3.2%、深セン総合指数が▲3.9%と下落しました。先週は、中国政府が米国産農産品の購入を一時停止すると表明したことや、人民元が1米ドル=7元の水準を超えて下落したこと、米国が中国を「為替操作国」に指定したことなどが嫌気され、株価は下落しました。香港市場は、H株指数が前週末比▲3.4%、レッドチップ指数が▲2.3%と下落しました。先週は、米中貿易摩擦の激化に加え、「逃亡犯条例」改正案をめぐる抗議活動の長期化も嫌気されたことから、株価は下落しました。

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『2019年8月5日~8月9日の中国株式マーケット動向』を参照)。
(2019年8月13日)

三井住友DSアセットマネジメント株式会社 調査部

最終更新:8/16(金) 7:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事