ここから本文です

弟の手紙は信長に届くのか…!『胡蝶綺~若き信長~』第7話をチェック!

8/16(金) 12:40配信

アニメージュプラス

元服(十代)前後の織田信長と、彼を取り巻く人々の物語を描くTVアニメ『胡蝶綺~若き信長~』。本作の第7話のあらすじと先行カットが到着した。

【関連画像】『胡蝶綺~若き信長~』第7話の先行カット(大量の16点)

前回に引き続き、信長・信勝兄弟の関係には暗雲が立ち込めたまま。家臣である津々木蔵人の存在も気になるところ。
それぞれの動きから目が離せない、気になる展開は……?

アニメ『胡蝶綺 ~若き長~』は、毎週月曜22:30からTOKYO MXほかにて放送中。

<第7話「愛と死」>
清洲城の戦いで信長の窮地を救った信勝。
しかし、柴田勝家ら周囲の家臣たちや母・土田御前が信長に対する不信感を露わにしており、兄に手紙さえ出せない日々を送っていた。
心を痛める信勝の影で、新参の家臣・津々木蔵人は兄弟を対立させようと暗躍する。
あるとき、弟の秀孝が恒興と交流があることを知った信勝は、密かに信長への手紙を託すのだが……。

<キャスト>
織田信長:小林裕介、池田恒興:内田雄馬、織田信勝:石川界人、帰蝶:花守ゆみり、前田利家:寺島拓篤、沢彦宗恩:立花慎之介、滝川一益:榎木淳弥、おはな:沼倉愛美、お市:東山奈央、生駒吉乃:鈴木みのり、佐々成政:高橋信、村井貞勝:前野智昭、津々木蔵人:日野聡

<スタッフ>
脚本:笹野恵
絵コンテ:牧野友映
演出:吉田俊司、牧野友映
総作画監督:中嶋敦子、長田絵里
作画監督:ウクレレ善似郎、松竹徳幸、小島絵美、浅井昭人、山村俊了

(C)揚羽母衣衆/胡蝶綺製作委員会

アニメージュプラス 編集部

最終更新:8/16(金) 12:40
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事