ここから本文です

悪童キリオス、ラケット2本破壊&暴言で罰金1200万円 海外唖然「大きな赤ちゃん」

8/16(金) 18:03配信

THE ANSWER

トイレットブレーク中に立て続けに2本ラケットを破壊

 テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンの男子シングルス2回戦でニック・キリオス(オーストラリア)は、カレン・ハチャノフ(ロシア)にフルセットの末に敗戦。その際にラケット2本を破壊するなど、お騒がせ男ぶりを発揮していたが、約1200万円の罰金処分が科されることになった。ラケット破壊の一部始終を海外メディアが動画付きで公開。ATPからは出場停止処分が下される可能性もあるという。

【動画】「大きな赤ちゃん」「プロじゃない」と海外ファン唖然、悪童ぶり全開キリオスが裏の通路でラケット2本を破壊する実際のシーン

“悪童”キリオスが暴れまわった。ハチャノフ戦の第2セットを落とし1-1のタイに。ここでトイレットブレークを取った。タオルを口にくわえ、なぜか手には2本のラケットが。

 そして通路の裏側へ引き上げていくと、突如手にしていたラケットを地面にたたきつけた。2本連続で破壊し、そして壊れたラケットを手にコートに再び登場。その間も暴言が止まらなかった。

 このラケット破壊の一部始終を公開しているのは米スポーツ専門局「ESPN」のオセアニア版だ。「ニック・キリオスがラケット2本を破壊、コメンテーターは平静を失う」と題し、公式ツイッターに動画を投稿。するとファンからは呆れるような反響のコメントが続々と寄せられている。

度重なる違反行為で罰金は1200万円、ファンは辛辣「プロじゃない」

「なぜコメンテーターには、これが面白いんだ」
「これがテニスに必要なこと」
「プロフェッショナルじゃない! 1年間出場停止にするべき」
「こらえ性のない子供のような振る舞い」
「なぜ彼らが笑っているのか理解できない」
「いつになったら、この少年をひっぱたくんだ?」
「この男はレジェンド!」
「彼にはうんざりだ!」
「大きな赤ちゃん」
「大好き」

 また英紙「ガーディアン」によると、キリオスは16万7000豪ドル(約1200万円)の罰金を科され、ATPからは出場停止処分を受ける可能性もあると伝えられている。

 ATPは公式サイトで罰金の内訳を公開。スポーツマンシップに欠けた行為(8万5000ドル)、コートを去る(3000ドル)、暴言(2万ドル)、みだらな言葉を発する(5000ドル)と複数の罰金が加算されている。

 才能は認められながらも、その振る舞いが度々物議を醸すキリオス。今回は自らの行為で大きな代償を払うことになりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/16(金) 18:03
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事