ここから本文です

山田涼介&木南晴夏、コスプレ披露に思わず「もう二人とも若くないのにね(笑)」<セミオトコ>

8/16(金) 10:10配信

ザテレビジョン

8月16日(金)に、ドラマ「セミオトコ」(夜11:45-0:45ほか、テレビ朝日系※ 「熱闘甲子園」休止の場合は夜11:15-0:15ほか)第4話が放送される。

【写真を見る】木南晴夏に山田涼介らからバースデーサプライズ!「ちょっと“お祝いの予感”がしてました(笑)」

羽化したセミから人間の姿となったセミオトコ(山田涼介)と7日間を共に過ごすこととなった、さえないアラサー女子の由香(木南晴夏)との関係を描いた同作。

とある朝、由香が繰り広げる妄想の中で、お姫様スタイルに身を包んで窓辺に立った由香が、眼下に立つセミオに「おおセミオ、あなたはどうしてセミオなの?」と呼びかけると、そんな由香の呼びかけにセミオは「セミだからです」とにこやかに返事をする。

第4話では、これまでの人生にそれほど楽しいことがなかったため、人付き合いに不慣れでひとり語りが好きな由香らしい、そしてセミオと由香の幸せそうな空気感が伝わってくるようななんとも「セミオトコ」らしい、ほのぼのとしたワンシーンが繰り広げられる。

“ロミオとジュリエット”のような、王子様スタイルに変身した山田は「木南さんと二人で頭に王冠を付けながら“もう二人とも若くないのにね(笑)”って笑いました。こういう衣装もちょっと恥ずかしくなってきた」と照れた様子で語ると、木南も「(回想シーンに出てくる)セーラー服に次ぐ罰ゲームです(笑)」とこちらも恥ずかしそうな笑顔を浮かべた。

ただ、山田は王子様の“ヘアスタイル”は気に入っていたようで「トイプードルみたいな髪型でしょ。外国の子どもをイメージして、ってメイクさんにお願いしたんです」とエピソードを明かしてくれた。

■ 第4話あらすじ

セミオ(山田)との残された時間があと4日となる。別れのときが来るのが怖く、その不安を美奈子(今田美桜)に吐露する由香(木南)。

そしてセミオもまた、由香への恋心を自覚し始め、その初めての気持ちに戸惑っていた。

由香はセミオへの思いを込めて、手作りのメイプルシロップケースをプレゼントする。思いがけない贈り物に歓喜するセミオを見て安心する由香。

そんな由香に、セミオは「僕はおかゆさんに恋しているみたいです」と打ち明けるのだった。

セミオが現れて以来、恒例になってきた「うつせみ荘」面々との朝食を楽しんでいると、由香はセミオから「職場に同行したい」と言われる。

「ずっと一緒にいたい」というセミオの言葉に感激した由香は、彼を連れて「国分寺中央食品」へ。しかし、従業員だけでなく、客たちからも大人気のセミオに、由香はこれまでに感じたことのない“嫉妬”という感情を覚える。

その頃、「うつせみ荘」では春(山崎静代)がひとり苦しんでいた。その気配を察知したセミオは、由香に「春さんが苦しんでいるので、先に帰ってます」と告げるのだった。(ザテレビジョン)

最終更新:8/16(金) 13:13
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事