ここから本文です

堂安律のPSV移籍は秒読み? フローニンゲンTDが意味深発言「それには答えらない」

8/16(金) 21:44配信

Football ZONE web

PSVのメキシコ代表FWロサノの後釜として堂安に白羽の矢、移籍金は約12億円とも

 オランダ1部フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律は、オランダの名門PSVへの移籍が浮上している。フローニンゲンは2選手を新たに獲得し、「堂安の後継者」と報じられるなか、テクニカル・ディレクター(TD)は堂安の移籍について「申し訳ないが、それについては答えられない」と意味深発言をしている。オランダメディア「VOETBAL PRIMEUR」が報じた。

【動画】フローニンゲンMF堂安律、地を這うような低空の弾丸ミドルシュート弾

 PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサノはイタリア1部ナポリへの移籍話が持ち上がっており、後釜として堂安に白羽の矢が立っている。その一方、フローニンゲンはMFアーメド・エル・メサウーディ(KVメヘレン)とMFジョエル・アソロ(スウォンジー)を獲得。記事では「堂安の後継者を獲得」と報じ、日本人アタッカーのPSV移籍が加速すると見ている。

 フローニンゲンのマルク・ヤン・フレッデルス氏は堂安のPSV移籍に関して、「すでに決まっているのか?」という質問を受けたなか、「申し訳ないが、それについては本当に何も答えられない」と口を閉ざしたという。もっとも、その意味深発言を受けて、記事では「アソロが堂安の後継者になる可能性がある」と指摘している。

 堂安の移籍金はフローニンゲン史上最高額の1000万ユーロ(約12億円)とも言われるが、果たしてPSV移籍が近いうちに実現するのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/16(金) 23:09
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事