ここから本文です

15秒動画で見る2019-20年秋冬ミラノコレのハイライト 「グッチ」「フェンディ」「プラダ」ほか

8/16(金) 10:00配信

WWD JAPAN.com

2019-20年秋冬ウィメンズ・コレクションの取材時にSNS用に撮影した15秒動画の中から、“いいね”をたくさんもらったものと、個人的に“これは見てほしい”ものを集めました。前編はミラノとロンドンからお届けします。

【画像】15秒動画で見る2019-20年秋冬ミラノコレのハイライト 「グッチ」「フェンディ」「プラダ」ほか

"「グッチ」の中にはあなたの分身がきっと見つかる"

雑誌「ムー」的なタイトルになりましたが、これは本当です(笑)。「グッチ(GUCCI)」のフィナーレには、100人近いメンズとウィメンズのモデルが登場し、じっくり見ると“やだ、これ私だ”と思うルックが見つかります。現在の「グッチ」は派手なイメージがありますが、それはひとつの面にすぎないのです。メガネで表情を隠してうつむき加減に歩くモデル、生真面目な女学生みたいなモデルなど多種多様なプライドを持った人格が見つかります。手の届かない憧れの世界ではなく、自分を投影できる大きな器をつくっているのが今の「グッチ」なんですよね。あなたの分身、見つかりますか?

"「フェンディ」で聴いたカールの声は優しかった"

「フェンディ(FENDI)」のエンディングで流れたのは、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の優しい声でした。ショーが開かれたのは、カールの訃報から2日後のことです。2015年に「フェンディ」とカールのコラボレーション50年を祝して撮影されたものだそうです。1965年に初めて「フェンディ」に出社した日の自分の姿をデッサンで解説しています。後に“大帝”と呼ばれる人が30代前半で異国の地で仕事を始めた日のことです。自分は転職後の初日にどんな服をどんな理由で選んだのだっけ?カールの死から半年が過ぎた今、あらためてこの映像を見て考えました。ファッションは人生と密接ですね。そんなことも思い出させてくれたカール、ありがとう。

"伊版キラキラ女子が集まる「MSGM」の最前列からパワーをもらう"

「MSGM」のショーが始まる直前の様子です。ミラノコレの中で一番、“キラキラした”おしゃれな女子が集まるのがこのショーです。カラフルな服と髪の色!皆、自信に満ちていて、対面の客席までエネルギーが飛んできます。彼女たちのショーへの期待度が伝わってきますね。

1/3ページ

最終更新:8/16(金) 10:36
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2102号
2019年9月23日発売

定価500円(税込み)

2020年春夏NYコレのデザイナーは“タイムレスこそサステイナブル”を説く

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事