ここから本文です

広野真嗣/「就職氷河期世代」孤独と悲哀の事件簿――文藝春秋特選記事【全文公開】

8/16(金) 6:00配信 有料

文春オンライン

 猛っていた。1年前の6月24日の夜、福岡の繁華街・天神近くにある建物内で待ち伏せしていた42歳の中年男は、トイレで有名ブロガーに襲いかかり、ナイフで十数か所も刺して殺害した。現場から自転車で逃げたが、約2時間後、ネット掲示板に書き込んだ。

〈おいネット弁慶卒業してきたぞ 改めて言おう これが(略)俺を「低能先生です」の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ〉

 この中年男、松本英光は投稿の20分後に交番に出頭した。後に詳述するが、松本は九州大学文学部に現役合格した過疎の島の秀才。だが逮捕された時、無職で家賃3万円のアパートに一人で暮らしていた。

 私と同学年か――事件のニュースを聞いた当時はそんな軽い感慨を抱いただけで忘れてしまった。だが改めて“同世代の中年たち”が暴発している、という思いが強まったのは、この初夏に連続した2つの事件現場に足を運んでからのことだ。

――元農林水産省事務次官の熊澤英昭は44歳の息子、英一郎を自宅で滅多刺しにした動機について、「刺さなければ自分が殺されていた」と供述している。そう決心したきっかけは事件の4日前、川崎・登戸で男がカリタス小学校の児童や保護者ら20人を死傷させた事件の報道を見たことだったという。 本文:10,533文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

広野 真嗣/文藝春秋 2019年8月号

最終更新:8/16(金) 6:00
文春オンライン

おすすめの有料記事

もっと見る