ここから本文です

レンジローバーの末弟・イヴォークがSUV全盛でも際立つ訳

8/17(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

“砂漠のロールス・ロイス”と呼ばれ、プレミアムSUVのはしりとして日本でも人気の高い「レンジローバー」。そのコンパクトモデル「イヴォーク」がフルモデルチェンジされ、日本発売が始まっている。SUV全盛期のいま、2代目イヴォークの実力やいかに? モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

【写真】レンジローバー・イヴォークのすべて

 * * *
 新しい「レンジローバー イヴォーク」の日本での発売が6月よりスタートしました(ジャガーランドローバー・ジャパン)。イヴォークはレンジローバー・ファミリーの末弟となりますが、販売面では大黒柱と言っていいほどの存在です。

 2011年に初代モデルが登場するやいなや、世界中で大ヒットを記録します。210以上の国際的な賞を受賞し、80万台以上が販売されました。プレミアムSUVとしては、文句なしの大ヒットです。

 日本においても販売後すぐに最も数多く売れるモデルとなり、2012~2015年にかけて日本で販売されたランドローバー・ブランドの半数以上がイヴォークになるほど。一時は、世界で販売されるすべてのランドローバー車のうち3台に1台がイヴォークのときもあったとか。

◆イヴォークがヒットした単純な理由

 イヴォークがヒットした理由は簡単です。格好よかったから。ベースとなったのは、2008年に発表されたコンセプトカー「LRX」です。その4年後に登場した量産型のイヴォークのルックスは、LRXそのままと言っていいものでした。SUVなのにクーペのようなスタイリッシュさ。実際に3ドア・モデルも用意されていました。最近は、クーペっぽいSUVも珍しくありませんが、イヴォークはその先駆け的な存在だったのです。

 また、ヒットには、もうひとつの理由があります。それは価格です。日本で2011年に発売開始された時の価格は450万円から。ちなみに当時の「レンジローバー ヴォーグ」の価格は1200万円から。「レンジローバー スポーツ」でも760万円から。格下となる「ランドローバー ディスカバリー4」でも676万円でした。つまり、レンジローバーとしては、もっともお手頃価格だったのです。格好良くて、しかも安い。これで売れないほうがおかしいというものです。

1/2ページ

最終更新:8/17(土) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事