ここから本文です

夏休み中でも体がなまるのを防ぐ方法

8/17(土) 16:01配信

ライフハッカー[日本版]

2018年08月04日の記事を再編集のうえ、再掲しています。

夏は、体を鍛えるのに最適な季節です。寒さに震えることはないし、日は長いし、仕事によっては、自由に使える時間が多い人もいるかもしれません。

でも、いざ夏休みになると、体を鍛えるという目標は、ひとまず保留になってしまいがちです。そんなあなたに、体がなまってしまわないようにする方法をお教えしましょう。

先を読んで計画を立てる

計画に従ってエクササイズをする場合、私はいつも、いくらか余分な時間を夏休みのために確保します。

たとえば、12週間マラソンをする計画を立てたとすると、1~2週間早めにスタートするのです。そうすれば、1週間夏休みを取っても、その分のトレーニングをサボることにはなりません。

私はさらに、夏休みでどこかに出かける前に、余分にエクササイズするようにしています。たとえば出発前に、その月の「Classpass」(定額で複数のジムに通えるサービス)のクレジットを使い切ってしまいます。

もっと長い夏休みを取ろうと計画している人は、どのような影響があるのかをきちんと把握しておきましょう。

2週間休んでも、筋力トレーニングに著しく響くことはありませんが、心肺機能はそれより早く低下してしまいます。それを覚えておいて、夏休みの旅行中に、少しでも運動するかどうかを考えましょう。

夏休み中もアクティブに過ごす

Image: VisualHuntこれは人によります。計画的にエクササイズしていたり、何かスポーツをしていたりする人は、旅行先で時間を割いてワークアウトするよりも、休むほうがストレスになるかもしれません。

でも、体を動かさないと、という義務感から解放されるのを心から楽しめる人は、トレーニングウェアは置いていってもいいでしょう。

旅行から戻ってきたら、またはじめればいいのです。私はこの2つの中間を取り、旅行中は、家にいるときほどではありませんが、少しだけ汗を流すようにしています。

それでは、旅行中にエクササイズを行う方法をご紹介しましょう。

『Sworkit』や『Nike Training Club』などのアプリを利用しましょう。器具を使わずに、短い時間でもエクササイズができます。

トレーニングチューブやサスペンショントレーナーのような器具を持っていけば、ホテルの部屋でもエクササイズできます。

ランニングシューズを持っていって、旅行先を探検しましょう。

旅行先で提供されているアクティビティを活用しましょう。水泳やレンタサイクル、ハイキングを楽しんだり、サーフィンやパドルボードに挑戦したりするのも良いですね。ビーチで景色を眺めながらのジョギングや、ヨガのセッションもおすすめです。

ウォーキングのパワーも侮ってはなりません。知らない街を探検しながらだと、気づいたら、いつもよりずっとたくさん歩いていた…なんてこともあるかもしれませんよ。

フィットネストラッカーや携帯アプリでチェックしてみてください。

1/2ページ

最終更新:8/17(土) 16:01
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事