ここから本文です

Nスペの「半グレ特集」が組織の宣伝拡散に利用されている皮肉

8/17(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 新聞やテレビ、雑誌などで反社会勢力についてとりあげる場合、事実を報じるだけでなく、その勢力がいかに理不尽な存在であるのかも同時に伝える必要がある。だが、テレビのように視聴者の記憶に強く残る場面が全体の印象を決定づけやすいメディアの場合、制作者側の意図とは正反対の結果を生み出してしまうことがある。NHKスペシャル『半グレ 反社会勢力の実像』の放送後にあらわれた、皮肉な反響についてライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
「NHK見たですか?よかったですねー。ああいう取材、俺たちにもやってくれんですか?顔出しできる奴も準備しますよ」

 数ヶ月ぶりに筆者に電話をかけてきたのは、福岡県内で飲食店を経営する男性・K(30代)。Kとは数年前に、とあるファッション雑誌の取材で知り合ったが、当時は九州に本部を置く指定暴力団傘下の現役組員だった。その後、組を抜け…というよりは「偽装破門」されて「カタギ(一般人)」として様々な事業を行なっている、と自称する。

 Kがいう「NHK」とは、7月27日に放送されたNHKスペシャル『半グレ 反社会勢力の実像』という番組だ。いわゆる「半グレ」とされる保釈中の男性らへの密着取材、女子大生に酒を飲ませて法外な飲食代を請求した上で脅し、風俗で無理やり働かせたという男性のインタビュー、元祖半グレ集団創設者までが登場し、大きな話題となった。

 特筆すべきは、大阪・ミナミの顔として登場した二人の男性が、顔出し、実名で取材に応じたことだった。一人は大阪で人気の地下格闘技団体のスターだったが、傷害事件などで逮捕された。その後も、診療報酬詐欺に関与したとして逮捕され、取材時は「保釈中」の身。もう一人も過去に傷害事件などを起こしているが、インスタグラムを毎日のように更新し、高級ブランド品で固めた自身のコーデや毎晩飲み歩く派手な姿を投稿し続ける…「今風」で、不良漫画から飛び出してきたようなアウトローといった印象を視聴者はもったはずだ。

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 16:48
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事