ここから本文です

今こそコツコツ「収入複線化」して 将来不安を解消しよう!

8/17(土) 12:12配信

PHP Online 衆知(THE21)

堅実さでは群を抜く 東京の中古ワンルーム

「時間をかけずに、効率的に」と求めるあまり、ハイリスクハイリターンに走りやすい人は実に多いという。
小林 ですから私は常々「易きに流れず、難きに向かえ」と教えています。その点、御社の物件の堅実さは抜群ですね。都内の中古区分の空室リスクは限りなく低く、確実に家賃収入が得られます。
重吉 当社の「築年数の新しい東京・中古・ワンルーム」の利回りは4%前後で、提携ローンの金利は1・6~1・8%です。この金利差を活用すれば、家賃収入だけで金利も元本も返済できます。
小林 中古なら借り入れ金額も少なくすみますね。
重吉 ただし、これまた要注意な点があります。家賃から経費を差し引いてプラスが出る、という月々のキャッシュフローを見て「収入が出た」と思うのは間違い。ローンがある間は、それを収入とは呼べません。少しでも早い完済に向けて、繰り上げ返済をお勧めしています。
小林 やはりここも、易きに流れない姿勢が必要だと。
重吉 ええ、頑張りどころです。とはいえ一番大変なのは1戸目で、あとは加速度的に楽になります。1戸目の完済には15年程度かかりますが、その後2戸目をフルローンで買っても、2戸ぶんの家賃プラス繰り上げ返済で、5年程度で終了。3戸目は3戸ぶんの家賃だけで7年、自己資金も足せば3年程度で完済できます。
小林 私の提案としては、副業によって月5万円程度の収入をそこに加えればさらに有利。おそらくその年数の半分で完済できます。
重吉 それも良い方法ですね。完済すれば、その後は3戸の家賃収入が入り続けます。65歳までにこの態勢を整えられれば、不安とは無縁の老後を迎えられるでしょう。

副業・副収入で 見える景色が変わる!

将来を見据えた地道な姿勢は、老後の安定だけでなく、さらなる可能性を拓く基盤になりうる、と両氏は語る。
小林 頑張りを通してスキルの向上や成果を得ると、さらなるチャレンジをしたくなるものです。私も20代のころは一生会社員として過ごすと思っていましたが、副業を始めて多くの選択肢が見え、独立を選びました。そして3年前には、個人営業から会社組織へ。一歩進むごとに、新しい風景が広がっていく感覚を持っています。
重吉 当社のお客様にも、そういう方がいらっしゃいます。10年前、大雪の中をセミナーに来てくださった方なのですが、1戸のマンション投資を皮切りに、その後マンション管理士の資格を取得、さらに建物管理組合のコンサルタントになり、今ではご著書も出される活躍ぶり。10年前はご本人さえ、今のご自分を想像されなかったでしょう。経済的自由を得ると、自然に次のステージに目を向くのでしょう。
小林 コツコツの基盤があるからこそ、「ワクワク」が上乗せできるのですね。
重吉 会社員の皆さんは、その最初の一歩を今こそ踏み出す時ではないでしょうか。誰しも最初が一番怖いものですが、年金危機を考えると、何もしないことこそ一番のリスクですから。
小林 「ノー残業」でできた時間を副業に使うもよし、不動産投資を学ぶもよし。将来の可能性を拓く着実な歩みを、私たちも応援していきたいですね。

2/2ページ

最終更新:8/17(土) 12:12
PHP Online 衆知(THE21)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい