ここから本文です

【真夏のスーパーカー特集09】童夢 零/P-2は、日本のスーパーカーの先鋒の役割を果たす!

8/17(土) 12:00配信

Webモーターマガジン

日本での市販は当時の行政の壁に阻まれる

1978年の第28回ジュネーブショーに登場して話題をさらった和製スーパーカーが、レーシングコンストラクターである童夢が開発した「童夢 零」だ。同車のプロジェクトが始まったのが1975年。翌1975年からスタイリングのスタディを開始し、その後2年で完成にいたった。レーシングカーコンストラクターが市販ロードゴーイングカーを目指して開発したことも大きな話題となった。

【写真】リアビューやエンジン、童夢P-2などを見る

「童夢 零」は、中身も先進性が目をひくクルマだった。当時のスーパーカーは、鋼管スペースフレームが使われることが多かったが、スチールモノコックフレームを採用していたのも特徴だ。ウエッジシェイプのボディは、当時はまだ一般的ではなかった風洞を用いてデザインされたもので、Cd値は0.37という当時としてはかなり優秀なものだった。

全高に至っては980mmという低さで、これはランボルギーニ カウンタックの1070mmをも凌ぐ。ちなみにシザーズドアもカウンタックと同じ方式で、同車をかなり意識していたことが想像できる。

エンジンは日産のL28型 直6 SOHCをミッドに縦置きに搭載した。必ずしもベストなエンジンというわけではないが、国産で手頃な高性能エンジンというチョイスだった。燃料供給はソレックスキャブレター3基で行い、145ps/23.0kgmを発生した。トランスミッションはZF製の5速MTだ。

前後サスペンションは、ダブルウイッシュボーンで、ブレーキはフロントがベンチレーテッドディスク、リアがソリッドディスクと、当時の高性能車の定石を踏まえたものだ。タイヤサイズは、フロントが185/60VR13、リアが225/55VR14となっていた。

童夢 零は、JARI(日本自動車研究所)やサーキット、仮ナンバーを付けての公道走行を行って販売への準備を進めていたが、車両認定に関しては運輸省(当時)との交渉が難航し、国内での認定を諦めざるを得なかった。

その後、アメリカでの販売を目指しDOME USAを設立。1979年にアメリカの法規に準じた仕様の「童夢 P-2」を開発する。現地の保安基準に合わせてバンパーの大型化やヘッドランプの高さ変更が行われた。アウターパネルもすべてリデザインされている。

P-2は2台製作され、ラスベガスでテスト走行も重ねられた。シカゴオートショー、ロサンゼルスオートエキスポにも出展され、市販への期待が高まっていたが、この頃、童夢がル・マン24時間レースへの参戦のチャンスを得たことにより開発がストップしてしまう。

ロードゴーイングカーとしての「童夢 零」、「童夢 P-2」は実現されなかったが、国産スーパーカーとして忘れられない1台だ。

童夢 P-2 主要諸元

・全長×全幅×全高:4235×1775×990mm
・ホイールベース:2450mm
・車両重量:950kg
・エンジン:直6 SOHC
・排気量:2753cc
・最高出力:145ps/5200rpm
・最大トルク:23.0kgm/4000rpm
・トランスミッション:5速MT
・駆動方式:縦置きミッドシップRWD

Webモーターマガジン

最終更新:8/17(土) 12:00
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事