ここから本文です

人気上昇中の【磯村勇斗】さんが登場! イケメン蒸し男が熱く語った、サウナ美容に注目 [VOCE]

8/17(土) 20:10配信

VOCE

全国のサウナー(サウナ好き)にとっての“サウナ伝道漫画”、タナカカツキ原作の漫画『サ道』がドラマ化! 自他共に認めるほどのサウナ好き・原田泰造さんを主人公に、サウナの奥深さや魅力を会話ベースに進めていくこの作品で、サウナ仲間のイケメン蒸し男役を演じた若手実力派俳優の磯村勇斗さん。今大注目されている彼が、サウナ美容にハマる理由とは?

「サウナからの帰り道はニコニコしています(笑)」

―ドラマ『サ道』をきっかけにサウナの虜になったと伺いました。ドラマは既に撮影を終えたとのことですが、今でも変わらず?
「もう、どハマり中ですね。行けるときは週に3~4日ほど通っています。サウナって中毒性があるんですよ。もともとはサウナの正しい入り方を知らなくて水風呂も苦手だったんですけれど、今回ドラマ『サ道』に出逢ってからは、行かないと身体がウズウズしてくるし、やめられない。体も心もリラックスできて気持ちよくなるんですよね」

―以前と比べて変わったことはありますか?
「昔は汗をかくことを意識していたんですけれど、今は全く意識しないようになりました。多分、サウナに入って水風呂に入った後のことを考えるくらいかも。ほとんど無の状態でサウナに入るから、上がった後はすごく幸せ。サウナ施設からの帰り道はニコニコしていますもん。もしその時に僕を見た方がいたら、すごく機嫌良いやつだなって思われていてもおかしくないと思う(笑)」

「僕にとって“イケメンですね”=“こんにちは”。“個性的だね”の方が嬉しい」

―今回 “イケメン蒸し男” というキャッチーなあだ名の役を演じられましたが、最初に聞いた際の感想を教えてください!
「まず、本名は何だろうっていうところですよね。本名あるんですかって(笑)。結局明かされずに撮影が終わりましたし……面白すぎる。このあだ名は“蒸されている姿がイケメン”っていうところからきているとのことなのですが、あくまでもタナカさんが見てイケメンだと思うイメージなだけなので、僕から作り込んだ感じはしないようにしました。キメすぎると少しやり過ぎかなぁと思って。自然だけれど、だらんとせずスマートに入るようには意識しました」

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 20:10
VOCE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

VOCE

講談社

毎月22日発売

670円

「キレイになるって、面白い」。
コスメ好きさんのための、
最新美容情報が盛りだくさん!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事