ここから本文です

二酸化炭素の海底貯留は、温暖化対策にどこまで「有効」なのか:進む研究と実験から見えてきたこと

8/17(土) 13:10配信

WIRED.jp

石油産業から放出される二酸化炭素を回収して海底に貯留するプロジェクトが世界各地で動いている。最近の研究では、炭素排出量の多いテキサス州のメキシコ湾沖が、実は貯留施設の立地に適していることがわかった。気候変動の抜本的な対策とまではいかないが、わたしたちが生活様式を見直すまでの有効な「緩和措置」として研究者は期待している。

炭素排出の抑制で本当に必要なこととは?

テキサスの石油業者たちが気候変動から地球を救うかもしれない──。こんな話を聞けば、笑い飛ばす人もいるだろう。温室効果をもたらす炭素排出量を見ると、テキサス州は世界で6位だ。ドイツよりわずかに少なく韓国よりも多いことを踏まえると、まず不可能に思える。ところが最近の研究によって、こうした展望が現実味を帯びてきたのである。

テキサス州では石油とガスがすべてだ。石油精製所をはじめ同州のエネルギー産業による炭素排出量は年6億5,300万トン。米国最大であり、2位のカリフォルニア州と3位のペンシルヴェニア州を合わせた量よりも多い。

テキサス州の石油業界は、メキシコ湾の沖合いで掘削できる新たな場所を探し続けている。掘削過程で放出されるメタンや二酸化炭素も、地球の気候に混乱をもたらす温室効果ガスの増加に拍車をかけている。

こうした一方で、米国や欧州の科学者による研究では、テキサス州、とりわけ沿岸の海域は、石油産業から放出される二酸化炭素を貯留する場所として非常に適している可能性が示されている。当然ながら、二酸化炭素を現時点で貯留するのはコストがかかりすぎる。しかし、この実現可能性を示す新たな研究結果によって、取り組みに弾みがつくかもしれない。

緩和措置としての期待

テキサス州とは別の大油田地帯である北海では、回収した二酸化炭素を海底下に貯留する実験が実施されている。いまのところ、重大な規模の漏れを起こしたり環境にダメージを与えたりすることなく、順調に進んでいるようだ。

このほど欧州の数カ国から海洋研究者が現地を訪れ、海底に二酸化炭素を数週間かけて注入したうえで、これが海底の堆積物を通り抜けて泡になって水中に出てくる量と速さを観察した。回収した二酸化炭素を海底下で10年以上にわたって貯留するには、貯留施設の安全性が高いことに加えて、たとえ漏れがあっても素早く正確に検知できることを科学者たちが確信できなければならない。

「この技術は気候変動を解決するものではありませんが、わたしたちが生活様式を見直すまでの緩和措置になります」。北海における実験「STEMM-CCS(Strategies for Environmental Monitoring of Marine Carbon Capture and Storage)」のコーディネーターで、英国のサウサンプトン大学国立海洋学センターの海洋地質学者であるダグ・コネリーは話す。

コネリーのチームは、北海にある石油プラットフォーム「ゴールデンアイ」で研究に取り組んでいる。ここはもともと、ロイヤル・ダッチ・シェルが2011年に閉鎖した石油プラットフォームだった。名前の由来は水鳥から来ており、映画『007』シリーズとは関係ない。

「非常に苦労しています」と、船と陸をつなぐ電話を通じてコネリーは語った。「風速は15~20ノット(秒速約8m~10m)。海底に設置された装置9台の復旧を試みているところです」

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 13:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事