ここから本文です

「東京を離れたことで、東京が好きになれた」吉川ひなのが海外に移住した理由

8/17(土) 22:00配信

ウィメンズヘルス

12歳の若さででモデルデビューした吉川ひなのさん。抜群のスタイルとイノセントな雰囲気は当時の憧れ。個性的なキャラクターは、バラエティ番組でも引っ張りだこ。瞬く間にスターへの階段を駆け上がった。今回は、芸能界という特殊な場所から、今のヘルシースタイルに辿りつくまでの気持ちの揺れ動きを明かしてくれた。お気に入りのフィットネスウエアに身を包み、日々のワークアウトも披露!

【写真】「今の体が好き」もうすぐ40歳を迎える、吉川ひなの流ヘルシーライフ

――東京を離れ、ハワイへの移住を決めた理由は?

中学生から芸能界にずっといたので、私にとって東京は、生活の場ではなく、働く場所なんです。朝、事務所の人が家に迎えに来て、テレビ局やスタジオを移動して、夜になったら家に送ってもらうだけの場所。どこにいるかもわからず、連れていかれるがまま、仕事をしてて、生活をしている感覚はまったくなかったんです。20年以上、東京で働いているけど、いまだに東京の道はまったくわからないですし。一歩、家から外に出れば、「吉川ひなのじゃない?」と常に人に見られ、好奇の目を向けられるので、家にいるしかなくて……。すごく大きな責任と覚悟を背負ってやらなければいけない仕事ですし、家庭環境的にも私が働かなきゃいけなくて、そうやって生きるのが当たり前と諦めていたところもありました。

でも、娘を生んだことで、“この子の母親”という肩書きをいちばん大切にしたいと思ったんです。それで、もう遠慮しなくていいやって、すべて吹っ切れました。どうしても、私といると「吉川ひなのの娘」として、私が子供の頃に味わった好奇の視線が向けられてしまう。私の娘ではなく、この子にはこの子の人生を生きてほしい。私の世界には絶対に巻き込みたくない。そう強く思ったら、私が上手く過ごせなかった場所、東京から物理的に離れる必要がありました。

――ハワイに移住して、いかがでしたか?

自分の行きたい場所にも行けるんだ、こういうふうに生活って送るんだと、いろんなことが新鮮でした。ポジティブに考えられるようになったのも、ハワイの陽気な気候に救われたから。ハワイにいると、落ち込みようがないんですよ。海も、空も、木も、花も「大丈夫だよ」って毎日言ってくれているみたいで。そういう場所が、私には必要だったんだなって思いましたね。

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 22:00
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事