ここから本文です

【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈がパワーアップボディで計量クリアー「キラキラ輝きながら攻撃当てたい」

8/17(土) 17:11配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)東京・大田区総合体育館で開催されるKNOCK OUT『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』の前日計量&記者会見が、17日(土)都内にて14:00より行われた。計量は全選手が1度目でパスした。

【写真】くびれと筋肉質の上半身が凄いぱんちゃん

 同大会で唯一行われる女子マッチ、第2試合REBELSルール46kg契約3分3Rで対戦する、ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)は45.90kg、祥子(JSKキックボクシングジム)は45.55kgでそれぞれ計量をパス。

 ぱんちゃんは「明日のために体調も整えて気持ちを上げて2カ月やってきたので、明日は“やったんで!”という気持ちが一番強いです。今回のテーマが楽しんでで輝いて強さも見せつけることなので、キラキラして攻撃を当てていって、なおかつ怖いところも見せたいと思います」と、様々な自分を見せたいと挨拶。

 対する祥子は「試合前に普段はやらない記者会見とか公開練習とかいろいろ慣れないことがありましたが、試合へ向けて今までやってきた練習に悔いはないので本番でも楽しんでやれればと思います」と、こちらも試合を楽しみたいと話した。

 記者会見終了後にはぱんちゃんの囲み取材が行われ、「今までと違ってワクワク感の方が大きくて、自分でもビックリしています。会場に入ったら緊張すると思いますが、今はないですね。この2カ月で成長してきた自信があるので、それを落ち着いて出せればと思います」と、試合前のワクワク感が止まらない様子。

 大きな注目を集めている分、「内容で見せないと。KOできるとしたらこの技というのが…内緒ですが(笑)。KOできる技を教えてもらって練習しているので、それを出していけたら。1R3分あるのが大きな違い(これまでは2分3Rでやっていた)なので、最後までKOを狙っていきたいと思います」と、試合内容も問われることは承知しており、初のKO勝ちを狙うつもり。

「1R3分は有利というよりもチャンス。自分も疲れますが相手も疲れるので。他の選手も3分やっているので同じようにやれるのが嬉しい。元々やりたかった」と、1分の違いが大きいという。

 祥子については「優しい方なので、こんないい方と戦うんだという気持ちがあります」と複雑な心境だが、「リングに上がれば関係ないので、終わった後で挨拶したいですね」と割り切る覚悟はできている。

 体重に関しては「前回は47.0kg契約で通常体重が48kg台後半しかなくて水抜きしただけだったんですが、今回は通常が51kg近くまで多くなって5kgくらい落としました。その分、戻り(リカバリー)も多いのでパワーが今までとは違うと思っています」と、これから水分と栄養を補給することによって体重が戻り、明日はパワーを発揮できそうとする。

 また、計量で着た水着と明日の新コスチュームについても聞かれ「水着は夏バージョンですね。いろいろ探しに行ったんですが、夏と言えばこれくらいした方がいいかな、と(笑)。計量なので浴衣が着れない分、水着で頑張りました。新コスチュームはテンションが上がります。派手なもの、カワイイものはテンションが上がるんです。試合中のキラキラした自分とコスチュームのキラキラ、そこを見て欲しい」と、テンション高めにアピールした。

最終更新:8/17(土) 17:11
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事