ここから本文です

「誰に対しても平等に、最高のものを」美智子さまから雅子さまに受け継がれた“おもてなし”とは?

8/17(土) 5:30配信

文春オンライン

 トランプ米大統領が新天皇、皇后の最初の賓客として来日した時、私は幾つかのメディアから同じような内容の取材をうけた。「両陛下はどのような特別な料理でもてなすのでしょう」と。これに対する私の答えは「特別な料理は出しません。いつも国賓に出しているものと同じです」というものだった。

【写真】午餐会でマクロン仏大統領とご歓談される雅子さま

 取材者は「米大統領だからといって特別な料理を出さないのですか?」と拍子抜けの体だった。「どの賓客に対しても等しく、最高のものを出すのが皇室のルールです。トランプ大統領だからといってこれまでとは違ったものを出すことはあり得ません」と、私は続けて答えた。

どの国も区別せず、平等に、最高の内容で遇する

 どの国も差別しないという皇室のもてなしの原則は、先の天皇、皇后、さらに昭和天皇、香淳皇后の時から堅持されてきた。これは新天皇、皇后にも引き継がれている。

 どの国も区別せず、平等に、最高の内容で遇するという姿勢は外交の世界では稀有なことである。米ホワイトハウス、英バッキンガム宮殿、はたまた仏エリゼ宮といった元首の館の晩餐会では、国の大小や、自国と賓客の国との関係性によって、もてなしを変えるのはふつうのことだ。自国にとって重要な国であればもてなしのレベルを高くし、さほど重要でなければそこそこのもてなしですますのである。

 だが、国によって区別しない皇室はこうした外交、政治の論理から一線を引いている。「皇室は政治とは関わらないとの姿勢は、このもてなしをとっても明らかです」と宮内庁の関係者は語る。

宮中の晩餐会や午餐会ではフランス料理が振る舞われる

 外国の賓客を迎えた宮中の晩餐会や午餐会は、フランス料理にフランスワインと決まっており、こういう構成になっている。〈スープ〉〈魚料理〉〈肉料理〉〈サラダ〉〈富士山型アイスクリーム〉〈果物〉。

 スープは清羹と呼ばれるコンソメ。魚料理はムニエル(魚を小麦粉でまぶし、バターで焼いた一品)が多い。主菜の肉料理は仔羊を焼いたものが多いが、牛肉のこともある。トランプ大統領はビーフステーキが好物とあって牛肉だった。富士山型アイスクリームも定番のデザートである。

 ワインは魚料理に合わせ、仏ブルゴーニュ地方の最高級の白が出される。肉料理には仏ボルドー地方の赤、これも最高級と決まっている。そして乾杯用のシャンパンだ。

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 5:30
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事