ここから本文です

「東京ドームに立ってからがアイドルなんだよ」逆境続きのKAT-TUN亀梨が飲み会でお説教

8/17(土) 11:00配信

文春オンライン

 ジャニーズ事務所の中堅グループ「KAT-TUN」の亀梨和也(33)は、最近酔ってこんな言葉を口にしたという。

【写真】レッスン施設を出入りする亀梨の写真を全て見る

「東京ドームに立ってからがアイドルなんだよ。アイドルを名乗る人が増えすぎている。中途半端な自称”アイドル”ばかりのこの時代が好きじゃない」

 5月に起きた元メンバー・田口淳之介(33)の大麻逮捕で注目されたKAT-TUNだが、逆境にもめげず、7月31日にはニューアルバム「IGNITE」をリリース。初週売り上げ10万5千枚を記録し、オリコン週間アルバムランキングでは初登場1位を獲得した。

「8月9日からは全国ツアー『KAT-TUN LIVE TOUR 2019 IGNITE』を開催しています。”雨降って地固まる”です。来年のデビュー15周年に向けて、現行メンバー3人は団結を固めています」(ジャニーズ事務所関係者)

亀梨は“中間管理職”のポジション

 これまでもメンバーの脱退や元メンバーの薬物逮捕などで揺れ続けきたKAT-TUNだが、グループの”背骨”はデビュー当初からセンターを務める亀梨に他ならない。

 だが、その亀梨がいま煮詰まっている様子だという。亀梨を知る関係者が説明する。

「基本的にマジメでええかっこしいな亀梨くんですが、最近は酔っ払うと”説教”をするんです。彼ももう33歳ですが、事務所の中でも“中間管理職”みたいな立ち位置。いろいろと溜まっているみたいです」

 最近では、故・ジャニー喜多川氏が後継者として指名したジャニーズアイランド社長・滝沢秀明氏(37)に気を遣うところも多いようだ。

演出を先輩タッキーに譲った

「2019年5月17日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、KAT-TUNのバックで、ジャニーズJr.6人組の人気ユニット『美 少年』のメンバーが踊りました。ダンスコラボということでしたが、美 少年の演出は、滝沢くんから依頼を受けた亀梨くんが引き受けたのです。

 とはいっても、亀梨くんのソロ曲『Rain』での雨が降る演出のほとんどは、滝沢くんが考案したものでした。それに少しだけ亀梨くんが意見を付け加えたかたちです。

 これまで亀梨くんはずっとKAT-TUNのステージの演出を担当してきました。そのディレクションの能力はジャニーさんも認めていた。ジャニーさんがお気に入りだった”ジャニーズJr.マンション”と呼ばれる、縦横に組まれた足場に立ってダンスをする演出だって、亀梨くんの発案なんです。

 そんな亀梨くんが、滝沢くんに演出を譲ったことに驚きました。ジャニーズJr.のプロデューサーである先輩・滝沢くんとの立ち位置の微妙さについては、亀梨くんもいろいろと思うところがあるようです」(同前)

 もともと事務所の中でも「ジャニーズJr.の面倒見が良い」と評判の亀梨。次世代ジャニーズの指揮を執る滝沢からも後輩の指導を任されることが多いという。

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 21:12
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事