ここから本文です

マシン・ガン・ケリー、傷つきながらも必死に生きる若きラッパーの生き様

8/17(土) 22:00配信

Rolling Stone Japan

「SUMMER SONIC 2019」東京公演でステージを熱狂させたばかりのクリーブランド出身のラッパー、マシン・ガン・ケリー。実は、数年間の苦難とハードなパーティーライフを経て、地位と名声を手にしたという。来日を記念し、ローリングストーン誌の2017年の密着ルポを掲載する。

写真4枚:マシン・ガン・ケリー、傷つきながらも必死に生きる若きラッパーの生き様

※本記事は、2017年の米ローリングストーン誌掲載記事です。

皆で寄ってたかって、マシン・ガン・ケリー(以下MGK)をからかうのはなぜだろう? 多かれ少なかれ、その現象が起こり続けている。今この瞬間も、ニューヨークでは、お抱え運転手付きのSUVから煌びやかなダウンタウンの寿司バーのTaoまで、小競り合いなしにはクオーターブロックも歩けない。店に入ろうとすれば、ホームレスたちは彼に向かって「よお、新入り!」と大声で話しかける。さらにMGKが数時間後に店を出ようとすれば、テキーラとイエローテイルで泥酔した若者は彼の目の前に立って、ジャスティン・ビーバーであるかどうかを訊ねる。

「なあ。俺が俺だから、全部俺のせいらしい。なぜだかはわからないけど」とMGKは呟く。成功は彼の元へやって来たものの、それに対していつも幸せを感じていたわけではない。そのほとんどが、彼をイラつかせた。

彼がまだ、ただのコルソン・ベイカーとして、クリーブランドで育った少年犯罪者として、Chipotle(米人気メキシカンチェーン店)で働き、10代の父親になりそのまま暮らしていたとしても、おそらく同じようなことが起きていただろう。彼はなぜか、トラブルそのものに見える。彼の周りの空気がおかしいのだ。たとえ彼が、ショウのある日に3時間ドライブをして、怪我をして入院しているファンの元へ訪れているような男だったとしても。或いは、彼にソックリなドラマーであるRookを「弟」と呼び、実際そのように接していたとしても--彼らは血の繋がりはないし、実際に一緒に育ったわけではないにも関わらず、だ(Rookはもともと地元のファンで、MGKのギグを勝ち取った。MGKに自身がプレイするビデオを送ったところ、彼から兄弟の称号を与えられた)。

10年近くカルト的で、ロックを賞賛し、ギターを演奏し、ライヴ・バンドを牽引するヒップホップアーティストとして、コツコツと実力を重ねてきたMGKは、2017年初頭、リアーナとエミネムのコラボレーションを思い起こさせるカミラ・カベロとのデュエットソング「Bad Things」でヒットを飛ばした。それは、自身のマシンガンのようなライム・スタイルが、流れるようなアトランタのフロウが主流だったジャンルの方向にそぐわず、キャリアが急降下して行ったラッパー(MGK本人は「ミュージシャン」という表現を好んでいる)にとって、大きな転機となった(ただし、MGKは「Trap Paris」でクエヴォとのコラボレーションを果たしている)。「俺は1年前にソールドアウトしていた会場に行ったんだ。そしたら、そこにいたのはたったの100人だった。終わった、と思ったよ」と、MGKは当時を振り返る。

1/4ページ

最終更新:8/17(土) 22:00
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事