ここから本文です

タイの国民的ポップスター、Stampが日本から世界をめざす理由

8/17(土) 9:45配信

Rolling Stone Japan

タイの国民的シンガーソングライター、Stamp(スタンプ)がまもなくサマーソニックに登場する(8月17日(土)東京公演に出演)。本国では万単位のオーディエンスを前にワンマン公演を行うほどの人気者。その一方で大の親日家であり、先ごろリリースされた日本デビューアルバム『EKAMAI DREAM 1』では、英語・タイ語・日本語を使い分け、モダンでボーダーレスな音楽性をアピールしている。彼の歩みと日本への想いに迫った。

写真3点|タイの国民的ポップスター、Stampが日本から世界をめざす理由


―今回のアルバムにも入ってる「Kwarm Kid」はドラマの主題歌にもなって、タイで爆発的にヒットしたそうですね。この曲はなぜそんなに人気があるんですか。

Stamp:10年前にリリースした曲なんですけど、ノスタルジーを求める人たちに広く受け入れられたのかなと思ってます。

―というと?

Stamp:人は生きていくなかでいろんな場所に行くじゃないですか。そこで誰かと一緒に過ごした経験は、自分のなかに残ったりもする。この曲を聴いた人たちから、亡くなったお父さんを思い出した、死んじゃった犬を思い出した、別れた恋人を思い出した……たくさんの感想をもらいました。みんなそれぞれ、自分の思い出のある場所を思い出しながら、自分の解釈で受け止めてくれているみたいです。

―とても素敵な曲なんですね。Stampさんのファンは若い方が多いんですか?

Stamp:ファン自体は若者が多いんですけど、タイではテレビにも出たりもしているので、それによって上の世代のファンも増えてますね。タイでは60歳になると引退して、イベントとかパーティを開いたりするんですけど、そこに招待されててご年配の方々に喜んでいただいたりとか、そういうほっこりするようなエピソードもあります。

―本当に国民的なスターって感じなんですね。

Stamp:いえいえ!

―そんなStampさんが音楽を始めたきっかけは?

Stamp:Modern Dogというタイの代表的なバンドが90年代半ばくらいから活躍し始め、彼らに影響を受けて楽器を始めました。それまでタイの音楽シーンはアイドル系というか、容姿がかっこいい人たちばっかりだったんですけど、95年~97年くらいのあいだにバンドがいろいろと出始めて、自分もそういうふうになりたいと思うようになって。バンドサウンドにたくさんの楽器が使われるなか、僕が最初に聞き取れたのはギターで、そこから自分もギターを弾くようになりました。

―Modern Dogは、海外でいうとどの辺のバンドに当たるのでしょう?

Stamp:レディオヘッドですね。彼らも大好きです!

―他にその当時好きだった音楽は?

Stamp:ブリッドポップですね。あと、LArc-en-Cielも好きでした。当時はX JAPANがタイでも大人気で、僕は彼らを通じてラルクに辿り着き、美しいメロディに惹かれてしまいました。

―タイでもヴィジュアル系が人気だったんですね。

Stamp:深田恭子さんが主演したドラマ(『神様、もう少しだけ』)が、タイで(日本から1年遅れの)99年にすごくヒットしたんですよ。それで主題歌だったLUNA SEAの「I for You」もタイで人気だったんですよね。僕もそこから日本の音楽を広く聴くようになりました。

―1982年生まれのStampさんがModern Dogに熱狂したような感じで、タイに住む今の10代にとってのカリスマ的アーティストを挙げるとしたら?

Stamp:Youngohmってラッパーがいて、彼はYouTubeで1億回以上も再生されてるようなアーティストですね。ポスト・マローンみたいな感じで、タイでは恐ろしいほど人気があります。僕がタイで新しくリリースした曲でフィーチャリングしてるんですけど、彼の影響もあってたくさん再生されてるし反応がいいです。

―いわゆる欧米のアーティストたちは、タイで人気があるんですか。

Stamp:いや、タイの若者のなかで一番人気があるのはK-POPですね。K-POPに行く人たちと、洋楽に行く人たちとで二極化しているような感じです。特に最近だと、BLACKPINKのLISA(バンコク出身)がメンバーにいるので、応援したい人が増えているのもありますね。ビリー・アイリッシュも人気がありますよ。欧米だとヒップホップ系が人気です。

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 9:45
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事