ここから本文です

ママ、あっち行ってて…甘えん坊息子の突然の“親離れ”に焦った漫画が「あるあるですね」

8/17(土) 7:10配信

オトナンサー

 息子の成長に伴う“親離れ”を描いた漫画がSNS上で話題となっています。甘えん坊で、片時もママから離れることのなかった息子。「まま!!」「ままってば!!」などと、いつもママのことを頼りにしていましたが、3歳になった途端に…という内容で「ギョッとしました」「あるあるですね」「よかった」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

【漫画】本編を読む

「邪魔しないでね」にショック

 この漫画を描いたのは、おかみー(ペンネーム)さんです。男の子を育てるワーママとして、インスタグラムに漫画を投稿しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

おかみーさん「漫画を描き始めたのは、子どもが生まれてすぐです。元々公開するつもりはなく、れんくんの成長する姿を後で見ても面白いように、自分で描きためていた絵日記でした。しばらくして、『インスタグラムに載せてみたら』と言われ載せ始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

おかみーさん「トイレに行くときも『ママ来て!』と言っていたれんくんに突然、『ママあっち行っといて』とトイレのドアを閉められ、『えー! 親離れ?』と思ったので描きました。ただ、描いている途中に『ママおって、ママ、ママ』とまた言ってくれたので、そこまでを描きました」

Q.甘えん坊だったれんくんが「邪魔しないでね」と言ったとき、どんな気持ちでしたか。

おかみーさん「『え…邪魔? 何、何、なんで、いきなりどうしたの』とショックでした(笑)」

Q.れんくんの成長を実感するエピソードがあれば教えてください。

おかみーさん「虫が死んでいて、『死んだらお空に行くよ』と教えたのですが、『ママはお空行くん?』と言われたので、『ママはまだ行かないよ。でも、みんないつかはお空に行って見守ってくれるよ』と言うと、『ママお空行かんといて!』と突然泣きながら抱きついてきたので、もうこんなことも分かるんだなあと成長を実感しました」

Q.れんくんはパパとママのどちらが好きなのですか。

おかみーさん「パパとママ、どちらも一番だそうです。いつも、『ママのこと好き?』と聞くと『パパもママも一番好き!』と言ってくれます」

Q.れんくんが今、夢中になっていることは。

おかみーさん「列車や車のおもちゃで遊ぶことです。『わー! ぶつかるよー、あぶなーい!』『こら、痛いじゃないか』『ごめんごめん、ちょっと急いでたんだ』みたいに1人で何役も演じながら遊んでいます(笑)」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

おかみーさん「『親離れじゃなかたんだー! よかったね』という意見が多かったです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

おかみーさん「いつか、れんに絵本を描いてあげたいです。伝えたいことはどんなことか、どんなふうに描いたら伝わるかなどいろいろ悩んでいますが、ママがわが子に伝えたい言葉や思いを、世界で一つだけの絵本にしてプレゼントするのが当たり前になればいいなあと思っています」

オトナンサー編集部

最終更新:8/17(土) 15:39
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事