ここから本文です

首位FC東京が0-1敗戦…広島は青山が途中出場から流れを変える活躍で4位浮上

8/17(土) 22:19配信

SOCCER DIGEST Web

値千金の一撃は左サイドの連係から広島・柏好文が決める

 J1リーグは8月17日、各地で23節の7試合を開催した。味の素スタジアムで行なわれた、FC東京対サンフレッチェ広島の一戦は1-0で広島が勝利した。
 
 前半は、広島がポゼッションを握ってボールを動かし、FC東京が守備ブロックをつくり、サイドからカウンターで広島ゴールに迫るという、お互いのゲームプラン通りの拮抗した展開で、0-0のまま前半を終えた。
 
 後半立ち上がりからギアを変えて攻勢に出るFC東京だったが、広島は青山敏弘を投入して流れを変えにくる。
 
 61分、その青山が左サイドに展開すると、川辺駿が柏好文にマイナスのパス。ゴールに向かって走り込んできた柏が右足を振り抜き、先制に成功する。
 
 流れを変えたいFC東京は、FWジャエル、MF三田啓貴と二枚替え、その後FWのナ・サンホと次々選手を投入するも、チャンスは作れなかった。
 
 試合は、1-0でアウェーに広島が首位・FC東京を下し、ひとつ順位を上げ4位とした。城福監督は広島の指揮官として味スタ初勝利だ。
 
 首位FC東京の順位は変わらず。FC東京はこの後、ラグビーワールドカップの影響でアウェー8連戦となる。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】首位のFC東京を下した柏好文の決勝点!

最終更新:8/17(土) 22:36
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事