ここから本文です

岡崎紗絵、“高校生役”を満喫!「やっぱり制服を着ると気分が上がります(笑)」

8/17(土) 11:00配信

ザテレビジョン

「Ray」専属モデルで、ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年フジテレビ系)での好演も話題を呼んだ岡崎紗絵。女優としても頭角を現す彼女が次に挑んだ作品が、映画「午前0時、キスしに来てよ」(2019年12月6日・金公開)だ。

【写真を見る】制服姿から一転、大人っぽい表情にドキッ!

親友の恋を見守る女子高校生役で出演することが発表されると、ファンからはさっそく喜びの声が上がった。そんな岡崎に、演じる役柄や「緊張しました!」という制服シーンについて聞いた。

■ 演じるは“友達思いの優しい女の子”

みきもと凜が「別冊フレンド」(講談社)で連載中の大ヒット少女コミックを映画化した「午前0時、キスしに来てよ」。“芸能人と一般JKの秘密の恋”をテーマに描いた同作は、原作単行本(電子書籍含む)は累計260万部を突破するなどティーンに絶大な人気を誇る。

今回の映画化で、国民的スター・綾瀬楓(あやせ・かえで)を演じるのがGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太。その楓と恋する普通の女子高校生・日奈々(ひなな)を橋本環奈が演じる。

そして、その日奈々の恋を応援する親友が、岡崎演じる磯山光(いそやま・ひかる)だ。岡崎の出演が決まると、SNSではファンからの「紗絵ちゃんの演技大好きだからうれしい!」「環奈ちゃんと紗絵ちゃんのコンビ仲良くてホント好き」といった喜びの声でにぎわった。

光は思い切りがよく、さっぱりしていて面倒見がよいキャラ。日奈々と楓の恋を見守るかたわら、眞栄田郷敦演じる“あーちゃん”こと浜辺彰(はまべ・あきら)が幼なじみの日奈々を思い続けている気持ちも知っている。日奈々と彰、それぞれの気持ちを尊重し、声を掛ける友達思いの優しい女の子だ。岡崎に、作品や演じるキャラクターへの思いを聞くと…。

■ 岡崎紗絵「想像を超える学園生活!」

――“リアル・シンデレラLOVEストーリー”としてファンの期待も高い本作ですが、原作や台本を読んだ感想を教えてください。

なんてキラキラしているんだと、まぶしかったです(笑)。憧れのスターと恋愛をするだなんて、想像を超える学園生活で驚きました。夢と間違えるような、普通の生活とはまた違う“非現実的な世界”に連れて行ってくれるお話で、日奈々が羨ましく感じました。

――岡崎さん演じる光は、橋本環奈さん演じる日奈々の中学時代からの親友。美人で人気者の光は、原作では生徒会の副会長をやっていたり、という設定もある女の子です。岡崎さんが共感する光の魅力はどんなところですか?

光はさっぱりしていて元気で男の子のような性格ですが、基本的には優しい人なのでちゃんと周りに愛情があって、そっと背中を押して応援してくれる女の子です。影で支える縁の下の力持ちのような存在で、そういうところが魅力的です。常に私もそうありたいなと思いました。

■ 久々の制服姿に感慨…「不安もありました」

――光はさっぱりしていて元気なキャラとのことですが、どんな点に意識して演じましたか? 

さっぱりはしていますが、どこか優しさや暖かさがじんわり伝わってくるような、そんな思いを込めて演じました。日奈々やあーちゃんに「いい恋愛しなよ」って言ったり、背中を押すような役どころだったので、2人をつなぐいいポジションになったかと思います。

――連ドラとしては「僕たちがやりました」(2017年フジテレビ系)以来の高校生役。久々に制服に袖を通してみて、いかがでしたか?

緊張しました!大丈夫かな…と不安もありましたが、やっぱり着ると気分が上がってうれしくなりました。学生のころしか着ることが出来ない物なので、その大切さに卒業してから気づきますね(笑)。

2019年は1月期「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)、4月期「パーフェクトワールド」と2クール連続でドラマ出演を果たし、女優としてのキャリアも順調に重ねる岡崎。視聴者が思わず自分に重ねてしまう親しみやすさは、岡崎自身が持つ天性の魅力。「午前0時、キスしに来てよ」の光が持つ、明るく元気なキャラクターと友達思いの優しい一面を岡崎がどう演じるのか、期待が高まる。(ザテレビジョン・文=酒寄美智子)

最終更新:8/17(土) 11:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事