ここから本文です

名将クロップに心酔するリバプールMF CL決勝直前に爆笑を誘った“一発ギャグ”とは?

8/17(土) 8:01配信

Football ZONE web

17-18シーズン決勝のレアル戦前のエピソードをワイナルドゥムが明かす

 リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが、ユルゲン・クロップ監督との関係について語り、2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝前に同監督がチームをリラックスさせようとユニークな方法を採ったことを明かした。米メディア「ジ・アスレチック」に語った内容を、英衛星放送「スカイ・スポーツ」などが伝えている。

 ウクライナのキエフで行われたレアル・マドリードとのCL決勝を前に、リバプールのロッカールームにはピリピリした空気が流れていた。大会2連覇中のレアルを相手に、選手たちは自分たちがチャレンジャーであることを認識しており、大一番を前にした最後のミーティングでクロップ監督が何を語るのか、緊張した面持ちで見つめていたという。

 すると、指揮官はいったん自分のシャツをたくし上げたかと思うと、それをズボンの中にしまうと思いきや、履いていたボクサーパンツの中にイン。選手たちは当惑して互いに顔を見合わせながら、クロップ監督を見つめ、それからそのパンツが当時レアル・マドリードのエースだったFWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)のブランド“CR7”のパンツであることに気づいた。ワイナルドゥムは、その時のことをこう振り返る。

「監督がクリスティアーノ・ロナウドのボクサーパンツを履いていたのをみんな見たよ。彼は“CR7”のパンツの中に、シャツを入れたままミーティングをやったんだ。ロッカールームが爆笑の渦に包まれた。あれで緊張がほぐれたね。ああいう状況では誰もが真剣になり、集中している。でも、彼はリラックスしていて僕らを笑わせたんだ」

 ワイナルドゥムは「彼は今までもこの手のジョークを山ほど見せてきた。監督が自信に満ち、リラックスしていると、それが選手にも伝わる」とコメントし、クロップ監督の“ギャグ”やボディーランゲージのおかげで、選手はプレッシャーから解放されると証言した。

1/2ページ

最終更新:8/17(土) 13:53
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事