ここから本文です

レアル久保、ライン際の1対1で華麗ドリブル披露 スペイン紙が賛辞「まるでメッシ」

8/17(土) 6:20配信

Football ZONE web

久保がカスティージャの試合でフル出場、スペイン紙が久保のドリブルを映像付きで紹介

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は現地時間14日、カスティージャ(Bチーム)の一員として3部クルトゥラル・レオネサとのテストマッチ(0-3)にフル出場した。スペイン紙「AS」は久保がライン際で見せた華麗なドリブルに注目し、「まるでメッシ」と賛辞を送っている。

【動画】「まるでメッシ」とスペイン紙賛辞! レアル久保建英、相手の重心を見極め華麗タッチ…ライン際で“圧巻ドリブル”の瞬間

 今夏FC東京からレアルに移籍した久保は、ここまでトップチームのプレシーズンマッチで計4試合に途中出場。その後はトップチームの練習に参加しながら、カスティージャの試合で実践経験を積んでいる。この日はカスティージャの一員として参加し、レオネサとのテストマッチでは4-4-2の右MFで先発した。

 久保は序盤から積極的な姿勢を見せる。前半11分、中央からドリブルで持ち上がり、相手がタックルで一度阻止。ペナルティーエリア左で味方がこぼれ球を拾ったなか、久保は大外を回って再びボールを受け、相手をかわしてシュートを放ったが惜しくも枠外となった。

 スペイン紙「AS」が動画付きで紹介したのは、前半17分の場面だ。最終ラインから右サイドの久保にボールが渡ると、右足でトラップした直後に相手と対峙。1メートル手前で相手が構えるなか、久保は相手の重心を見極めながら、左足首でくいっとスペースにボールを押し出して軽やかに抜き去った。

 そのままエリア手前まで侵入した久保がつなぎ、最後は味方のシュートがゴール上へ外れたものの、スペイン紙「AS」は「驚愕プレーは“まるでメッシ”」と絶賛。「この日本人はボールを受けると、ターンし、ドリブルでサイドを打開」と一連のプレーを描写した。最後はパスを選択した久保だが、「それはより大きなチャレンジのためだった」と綴られている。

 その後の久保は随所にテクニックを発揮した一方、何度かゴールチャンスを迎えるも決められず、チームは0-3と完敗。課題の残る一戦となったが、久保の華麗なドリブルはスペインメディアの注目を引いたようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/17(土) 11:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事