ここから本文です

ユニゾホールディングス(3258)、株主優待を廃止!TOB(公開買付け)成立が条件で、HISの敵対的TOBに対抗する“ホワイトナイト”も登場して株価は波乱含み

8/17(土) 21:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 オフィス賃貸やビジネスホテルの運営などを手掛けるユニゾホールディングス株式会社が、株主優待を廃止することを、2019年8月16日の17時10分に発表した。

【詳細画像または表】

 ユニゾホールディングスの株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上の株主に、保有株数や保有期間に応じて、自社グループホテルの宿泊割引券や無料券を贈呈」というものだった。

 しかし、今回の発表によると、2020年3月末以降は廃止されることになった。ユニゾホールディングスは、同時に配当の廃止も発表している。

 ユニゾホールディングスが株主優待と配当を廃止する理由は、サッポロ合同会社(フォートレス・インベストメント・グループ)がユニゾホールディングスに対して、2019年8月19日からTOB(公開買付け)を実施するため。公開買付け予定価格は「4000円」だが、本日(8月16日)株価は急騰して、前日比+565円(+15.69%)の4165円となっている。

 なお、ユニゾホールディングスは旅行大手のエイチ・アイ・エス(9603)から敵対的TOBを受けており、サッポロ合同会社(フォートレス・インベストメント・グループ)のTOBはこれを阻止する狙いで仕掛けられたもの。

ユニゾホールディングスが廃止する株主優待の詳細
  ■ユニゾホールディングスが廃止する株主優待の詳細

  基準日
  保有株式数
  保有期間
  株主優待内容
  3月末
  100株以上
  3年未満
  自社グループホテル割引券10枚
  3年以上
  ◆自社グループホテル割引券10枚
◆プレミア優待券「プレミアゴールド」2枚
(※グループホテル無料宿泊&ミネラルウォーター贈呈)
  1000株以上
  3年未満
  ◆自社グループホテル割引券10枚
◆プレミア優待券「プレミアシルバー」2枚
(※グループホテル無料宿泊)
  3年以上
  ◆自社グループホテル割引券10枚
◆プレミア優待券「プレミアシルバー」2枚
◆プレミア優待券「プレミアゴールド」2枚

 ユニゾホールディングスが廃止する株主優待は、自社グループホテルの割引券や無料宿泊券で、株主優待利回りの算出は困難。株主優待と配当の廃止は残念にも思えるが、エイチ・アイ・エスがユニゾホールディングスのTOBを発表した2019年7月10日の前日の終値が1990円だったのに対し、2019年8月16日の終値は4165円と、わずか1カ月ほどで株価はすでに2倍以上に上昇しているので、株主は株主優待以上に利益が出ているだろう。エイチ・アイ・エスの対応によってはTOB合戦が続くので、今後の株価を注視する必要がありそうだ。

 なお、ユニゾホールディングスはオフィス賃貸やビジネスホテルの運営などを手掛ける企業。2020年3月期の連結業績予想(通期)は、すべて前期比で売上高19.2%減、営業利益23.4%減、経常利益25.4%減、当期純利益が118.4%増。

 【※2019年8月の株主優待の情報はこちら! 】
⇒【8月の株主優待の内容と利回りを調査(2019年版)】イオン、吉野家、ビックカメラなど人気銘柄のほか、「ガンダム」のQUOカードがもらえる新設銘柄にも注目

 ■ユニゾホールディングス

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 不動産業
 3258
 東証1部
 3月末
 株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 4165円
 100株
 41万6500円
 ー
 【ユニゾホールディングスの最新の株価チャート・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2019年8月16日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数。「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ザイ・オンライン編集部

最終更新:8/17(土) 21:05
ダイヤモンド・ザイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

10月号:8月21日

定価730円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事