ここから本文です

寿命をも左右する「ペット食」の知られざる実際

8/17(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

獣医学部を卒業し、動物病院に獣医師として勤務したのち、ネスレに転職した男がいる。実はネスレにはピュリナと呼ばれるペットケア事業部がある。「モンプチ」「フリスキー」などのペットフードはネスレの商品なのだ。
中塚一将(なかつか かずまさ)さんは、ペット栄養学を追求したくてネスレにやって来た、まさにペットフードオタクである。ペット栄養学に詳しい同氏に、ペットフードの正しい知識や、栄養学の現状、そして中塚さん自身のキャリアについて聞いた。

この記事の写真を見る

■肥満は危険? ウェットフードは? 飼い主の疑問を聞く

 日本国内のペットフード市場は、2016年度が3257億円、2018年度が3440億円と今後も拡大が見込まれている。一方で、ペットの食事についてはさまざまな情報が氾濫している。まずは、かつて犬1匹、現在は猫2匹を飼う東洋経済オンライン編集者の素朴な疑問を、ペットフードのスペシャリスト・中塚さんにぶつけてみた。

 ――ペットの食事については、これはダメ、あれはダメという情報が多くあって悩ましいところがあります。いろいろ教えてほしいのですが、例えば、ウェットフードのあげすぎは危険ですか? 

 危険ということはないです。ただ、ウェットフードには“総合栄養食”ではないものが多いんです。トッピングに使うような“一般食”などと書いてあるフードをあげ続けていると、栄養不足になるケースがあります。総合栄養食であればまったく問題ありません。

 むしろ最近はウェットフードが推奨されることもあります。とくに猫の場合、あまり水分をとらないので、結石のリスクになります。そのためウェットフードを食べさせたほうがいい、という流れもあります。

 ――逆に、ドライフードのあげすぎは危険ですか? 

 ドライフードは保存が利くというメリットがあります。とくに猫の場合、ちびちび食べてはどこかへ行って、食べては行ってを繰り返すので、食事に時間がかかります。ウェットフードは水分が多くカビが生えやすいので、時間が経つとよくありません。ドライフードではそういう心配があまりないので、飼い主さんのライフスタイルに合わせた調整ができます。置いたまま出かけるなら、ドライフードのほうがいいです。

1/5ページ

最終更新:8/17(土) 6:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事