ここから本文です

バイエルン、バルセロナと基本合意。コウチーニョが買い取りOP付きの期限付き移籍!

8/17(土) 8:10配信

フットボールチャンネル

 ドイツ・ブンデスリーガのバイエルンが16日、ブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョを買い取りオプション付きの期限付き移籍で獲得することでバルセロナと基本合意に達した。クラブの公式サイトで発表している。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 コウチーニョには古巣のリバプールやトッテナムが獲得に乗り出していると報じられていた。だが、プレミアリーグの移籍期限前にコウチーニョ獲得の発表はなく、プレミア移籍が破談に終わった。それでも、バルセロナがネイマール獲得のため、トレード要員にするという報道もされていた。

 クラブの発表によると、買い取りオプション付きの1年間の期限付き移籍になり、数日後に契約をまとめ、メディカルチェック後に正式発表になるという。

 2017/2018シーズンは途中からの加入で公式戦22試合に出場し、10得点6アシストを記録したコウチーニョ。期待された昨季は公式戦55試合に出場し、11得点5アシストと2年目のシーズンは途中加入の昨季と変わらない成績であった。コウチーニョは初のブンデスで再び輝くことができるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:8/17(土) 8:10
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事