ここから本文です

吉本「闇営業問題」が楽天の次期監督選考に思わぬ“余波” 古田氏は脱落?

8/17(土) 6:00配信

デイリー新潮

 楽天が戦前の予想を覆して健闘している。昨シーズン最下位であり、今年はチーム再建の年とされていた。平石洋介監督は2018年シーズン途中、梨田昌孝前監督退任に伴い監督代行として就任。新監督招聘も噂されたが、引き続き指揮を執ることとなった。15年から二軍監督だったこともあり、若手育成の評価が高かったものの、監督としての手腕は未知数だったが、一時期はパ・リーグ首位に立つなど、十二分な戦いを繰り広げている。

 そんななか、球団内では、並行して「ポスト平石」選びも進められている。次期監督問題の“キーマン”は石井一久GMだ。現役時代のノホホンとしたイメージとは異なり、選手補強などで敏腕ぶりを見せている。チーム強化の次の一手として考えているのが“新監督”の招へいである。

「石井GMは吉本ラインを最大限に活用するつもりです」と語るのは、楽天球団関係者だ。吉本とは、闇営業問題で揺れている吉本興業である。謝罪会見で注目を集めた岡本昭彦社長のもと、芸能だけでなく、スポーツマネージメントも積極的に進めている。

「吉本興業の野球セクションは、元ヤクルト投手の小坂勝仁氏を中心に立ち上げて、事業を拡大してきた。石井GMをはじめ、古田敦也・元ヤクルト監督や高津臣吾・ヤクルト二軍監督なども古くからお世話になっている。近年では青木宣親といった現役選手も手掛けている。ダウンタウンの浜田雅功が司会を務める『ジャンクスポーツ』(フジテレビ系)に彼らがたびたび登場していたのは、そのためです」(スポーツビジネス関係者)

 楽天の次期監督候補として有力視されていたのは、楽天・三木谷浩史会長と懇意の中であった古田敦也氏。石井GMとはヤクルト時代からチームメイトでもある。だが、監督就任への風向きが変わってきたようだ。

「吉本興業の闇営業問題も発覚した。社会的評判を考えても、楽天の“吉本色”を弱めたい、と三木谷会長が考え始めてもおかしくはないでしょう」(前出のスポーツビジネス関係者)

 楽天担当記者からはこんな話も……。

「古田氏の楽天監督就任はなくなったと見ていいでしょう。古田氏はこれまでメディア露出も非常に多く、石井GMとの仲の良さも周知の事実。吉本色がかなり前面に出てしまうのは、球団サイドとしても避けたいのではないでしょうか。実際に、古田氏も球団と大きく揉めて監督を退任したヤクルトのOB戦にも笑顔で参加するなど、古巣に秋波を送っています。球界関係者の間では、ヤクルト監督への再就任も考え始めたともっぱらの噂になっていますね」

 では、楽天の次期監督は誰になるのか、そこで候補として名前があがっているのは仙台出身の“あの男”だ。

「ずばり元横浜OB、メジャーリーガーの斎藤隆氏です。楽天は仙台だけではマーケットが狭すぎるので、球団名に“東北楽天”とつけている。そうした事情から、地元出身で、東北福祉大卒の斎藤氏は適任でしょう。現マネージメントは吉本ですが、メディア出演はNHKなどあくまで野球関連中心。吉本色の強いバラエティーにはあまり出演していないのもプラスと見るべきだと思います」(前出の楽天担当記者)

 古田氏、斎藤氏とも現役時代の実績は十分。球界での知名度もあり、どちらが監督就任してもおかしくないのだが、まさか闇営業問題が球界にも影響を与える可能性があるとは……。どちらかが新監督に就任するのか、それとも別の候補が現れるのか。お笑い界のみならず、こちらも目が離せない状況だ。

週刊新潮WEB取材班

2019年8月17日 掲載

新潮社

最終更新:8/18(日) 11:21
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事