ここから本文です

大坂なおみを襲った突然の痛み。 引きずる左足で全米OPは大丈夫か

8/17(土) 16:37配信

webスポルティーバ

ケガがどのような状態で、回復にどれほどの時間を要するかは、今後の診断を待つしかない。ただ、先に触れたように、USオープンに出場するという本人の意志は固い。テニスの状態や、何より精神面が上向きと実感できていたからこそ、なおのことコートへの想いが強いのだろう。

「この2大会、とくに昨日の試合はとてもハイレベルで、自分が望んでいたプレーができていた」

「今大会はサーブの調子がとてもよかった。初戦ではいくつかのダブルフォルトがあったが、それでも、エースやファーストサーブでのポイント獲得率は高かった」

 ケガでの棄権という失意の結果に終わったものの、それでも今大会から持ち帰るのは、いくつかのポジティブな手応えでもあった。

 今大会を迎えた時、大坂が掲げたテーマのひとつに、「テニスを楽しむ」がある。

 今年の全豪オープン以降に陥っていた、「結果にこだわり過ぎて、敗戦や失敗から学ぶ姿勢を失っていた」状態から脱するというのも、彼女が心がけたことだ。

 そのような彼女の、内面の変化や成熟を物語る印象深いやり取りが、敗戦後の会見で見受けられた。

 来たるUSオープンは、シーズン最後のグランドスラムということもあり、大会前に多くのスポンサー関連のイベントやパーティ等が行なわれる。ニューヨークの街の熱量を反映し、すべてが過剰なまでにきらびやかで、スター選手たちに向けられる視線は熱く、求められるノルマは多い。

「それら、ニューヨークで待ち受けるであろう"わずらわしさ"を、どう受け止めているか?」

 会見では、そんな問いも前年優勝者に向けられる。ただ、その時の大坂は、やや怪訝そうな表情を浮かべると、穏やかな口調でこう答えた。

「それらを"わずらわしさ"というのが、私には理解できない。だって、これは私の仕事だもの。単に、やるべきことが増えているだけ。ひとたび勝ち始めたら、やるべきことが増えていくのはわかっていた。だから、わずらわしいと捉えたりしていない」

事実、失意の会見すらも進むにつれ、彼女は「やるべきこと」を、時にユーモアを交えてこなしていく。

 今、もっともやりたいことは何かと問われた時も、「すぐに会場から去ること。それはクルマの後部座席で泣くからではなく、やるべきことがたくさんあるから」と答えると、いたずらっぽい笑みを浮かべて、こう続けた。

「もちろん、あなたたち(メディア)を軽視しているわけではないわよ」......と。

 上昇気流に乗りかけたなかで遭遇したハプニングが、ショックでないはずはない。

 ただ、その失意のなかでも世界1位が示したのは、この経験から何かを学び、次につなげようとするひたむきな姿だった。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki

2/2ページ

最終更新:8/17(土) 16:37
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事