ここから本文です

秋山幸二が“2000”づくしの大記録を達成(2000年8月18日)

8/18(日) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2000年8月18日だ。

 この日、北九州で行われたロッテ戦でダイエーの秋山幸二が5回、黒木知宏から左前打を放ち、プロ野球史上28人目となる2000安打をマークした。ドラフト外入団では初の快挙で、プロ20年目、38歳4カ月での達成は過去27人のなかでも8番目という“高齢”の記録。しかも、この日は2000試合出場という“おまけ付き”でもあった。

「2000年で2000試合で、2000本。打ててホッとしています」

 ここ数年は持病の腰痛との闘いだった。「普通の人なら歩けないぐらい」ひどい状態で、一睡もできない日もあったという。それでも「2000本は長く野球をしてきた結果。これを通過点にして、まだまだ頑張っていきたい」と秋山。王貞治監督も「秋山はあと5年やれる。2500安打を目指せ」と発破をかけた。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/18(日) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事