ここから本文です

朝鮮戦争は「日本攻撃への足場」確保の戦いだった

8/18(日) 22:13配信

PHP Online 衆知(Voice)

安全保障、インテリジェンス、近現代史などに幅広く精通し、その知見から論壇誌への寄稿も多数の評論家の江崎道朗氏。

その新著『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』では、日本人の多くが“傍観者”だったと思いこんでいる朝鮮戦争において、実は中国、ソ連などの共産勢力が企てていた日本と台湾の侵略の危機という「知られざる歴史」が存在することを述べている。

本稿では同書より、中国共産党が台湾の「解放」を狙うものの「誤算」によって断念せざるを得なくなった状況に触れた一節を紹介する。

※本稿は江崎道朗著『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』(PHP新書)より一部抜粋・編集したものです。

スターリンから韓国侵略の許可を得た北朝鮮

中国共産党が台湾「解放」(軍事侵攻と併合という意味)の準備に奔走していた1949年4月、モスクワでは金日成が「北朝鮮による韓国攻撃によって南(韓国)では、韓国の共産主義者たちが蜂起し、ごく短期間で容易に南(韓国)を制圧できる」などと主張し、スターリンから「朝鮮統一」の許可をもらっていた。

ゴンチャロフ氏らは、スターリンには、次の四つの思惑があったと分析している。

一、朝鮮半島全体を共産圏に入れることにより、ソ連の安全保障のための緩衝地帯を拡大する
二、来るべき大戦に備えて日本攻撃の橋頭堡(きょうとうほ)を確保する
三、米中間に楔を打ち込む
四、アメリカ軍を欧州から離れたところに釘付けにする

スターリンにとって朝鮮戦争は「来るべき大戦に備えて日本攻撃の橋頭堡(足場)を確保する」という意味合いがあったことは、記憶に留めておくべきだろう。

スターリンは金日成の要請に応え、その後二カ月間で北朝鮮軍を大増強したほか、ソ連軍の将校に命じて作戦計画を作らせた。その結果、開戦時の北朝鮮の戦力は、兵員と火砲が韓国の二倍、重機関銃七倍、戦車6.5倍、航空機6倍に達した。

作戦計画を作ったソ連軍将校らは、進軍速度一日あたり15~20キロで、22~27日以内に勝利できると見積っていた。

一方、毛沢東は、台湾「解放」計画に没頭していた。台湾対岸に兵力を集めるのに予想外に手間取ったため、6月初め、中央軍事委員会は台湾攻撃を1951年夏に延期したが、本土と台湾の中間にある重要な島の攻略は進める計画だった。

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 12:28
PHP Online 衆知(Voice)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事