ここから本文です

エンジンが失速したロシアの旅客機が、無事に畑に不時着できた「3つの理由」

8/18(日) 12:12配信

WIRED.jp

ロシアの旅客機のエンジンに鳥が接触するバードストライクが8月15日(米国時間)の午後に発生し、左右両側のエンジンが故障してトウモロコシ畑に不時着した。この事故で搭乗していた233人の一部は軽傷を負ったが、死者は出なかった(多数のカモメを除けばだ)。

“芸術的”ともいえる着陸技術

モスクワ郊外のジュコーフスキー国際空港を離陸したウラル航空のエアバスA321-100型機は、クリミアのシンフェローポリに向かうところだった。そして滑走路からわずか3.2マイル(約5.2km)の場所に不時着したのである。

飛行機が着陸後、客室乗務員が緊急脱出用シューターを展開し、乗客は客室から避難した。ロシア保健省によると、子ども17人を含む55人が負傷したが、大半は「中度のけが」で、入院が必要なのは6人だったという。

今回のウラル航空178便の不時着は、着陸した都市の地名から「ラメンスコエの奇跡」と呼ばれるようになった。これは2009年に、ニューヨーク市のラガーディア空港付近でUSエアウェイズの飛行機が川に不時着した「ハドソン川の奇跡」をもじった呼称である。

方向転換しないという判断の理由

ハドソン川の奇跡でUSエアウェイズ機のパイロットだったチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーとジェフリー・スカイルズは、ガンの群れがエンジンを呼称させて失速したとき、高度約2,800フィート(約853m)を飛行していた。これに対して、ウラル航空のパイロットであるダミール・ユスポフとゲオルギー・ムルジンは、高度750フィート(約228m)でエンジンが機能していないことに気づいた。

そこで彼らは、方向転換して滑走路に戻るのではなく、エンジンを停止して惰性で飛行することを選んだ。そして空港の南東にある開けた土地を真っ直ぐに目指したのだった。ちなみに空港はモスクワのちょうど南東にある。

「最善策は平坦な場所を見つけることです」と、元海軍テストパイロットで航空コンサルタントのピート・フィールドは言う。ジェット機がパワーを失うとき、高度計こそが燃料計も同然の命綱になる。仮に滑空するようにつくられた旅客機であったとしても、高度750フィートとは燃料タンクでいえば空っぽに近い。そんな状態で方向転換するのは、残された時間と高度を考えるとリスクが高い。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事