ここから本文です

【甲子園速報】「諦めない」明石商、部員111人の“代表”が初の4強 エース中森俊介が「怖さ」乗り越え好救援

8/18(日) 11:53配信

ベースボールチャンネル

3人継投、繋いで、しのいで、狭間監督「本当に苦しかった。早く家に帰りたいと」

<第12日 第1試合 準々決勝 ○明石商 7―6 八戸学院光星●>(18日、阪神甲子園球場)

 第101回全国高校野球選手権大会は18日に12日目を迎え、第1試合では明石商(兵庫)が八戸学院光星(青森)を下して夏は初のベスト4進出を果たした。

【図表】いよいよ準決勝!相手は?夏の甲子園2019 トーナメント表

 3投手が繋いで、点を取られながらも接戦を勝ち切った。明石商が今春の選抜4強入りに続いて夏も4強。狭間善徳監督は「出来すぎ。怖い」と率直な感想を述べながらも、「ただ、もう1回できる。(休養日で)1日色々考えて試合に臨みたい」と頂点を見据えたコメントを残した。

 先発は3回戦の宇部鴻城(山口)戦で完投した杉戸理斗(3年)。エースナンバーこそ2年生の中森俊介に譲ったものの、持ち前のコントロールを武器に存在感を発揮する左腕が、強打の八戸学院光星に相対した。

 6-0と味方の大量の援護点をもらいながらの投球で5回途中5失点。リードは守ったが、2番手の溝尾海陸(3年)にマウンドを託しての悔しい降板となった。その後、同点に追い付かれ終盤へ。そして、7回2死三塁のピンチで中森が登板した。

 狭間監督から「(事前に)2回か3回(は投げさせる)」と聞いていた中森は、ここまで2安打と当たっていた2番・島袋翔斗(3年)を一邪飛に打ち取ってピンチを脱する。指揮官はこのシーンについて試合後「先に点を取る理想の形ができた。6点あったら6点ぐらいは取られるという予想のもと、7点目を取られなかったのは大きかった」と振り返っている。

 度重なるピンチをしのいでの勝利は「本当に苦しかった。早く家に帰りたいと思った」と語った狭間監督。「よく辛抱してくれた」と息を吐きながら漏らした一言が、この試合の壮絶さを物語っていた。

 勝因は「“最後まで諦めない”」こと。指揮官が考えていたのはベンチ入りした選手とスタンドで声援を送る他の選手たちの繋がりだった。「今年(部員が)111人いる中で、こいつらが代表。それを実践してくれた」と、思いを背負った選手たちの分まで戦い、勝利をもぎ取った“代表選手”を労っていた。

「打たれるなら打たれて、負けるなら負けてという覚悟は決まっていた。あとは子どもたちがどういう気持ちで戦うかということだけだった。諦めるなということだけ」

 そんな狭間監督の思いに応え続けた選手たち。中森は「投げたい気持ちでウズウズしていた。杉戸さんや溝尾さんが繋いでくれて、何とかピンチを抑えようと思った。投げていてとても怖かった。去年自分が投げて負けているので、勝ててうれしい。日本一を目標に、次の試合、次の試合を大切にしていきたい」とコメント。

 地元の声援を背に受けながら、部員111人で戦い続ける夏。諦めない気持ちを絶やすことなく、あと2勝、夏初勝利から一気に頂点を目指す。


取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/19(月) 0:47
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事