ここから本文です

【RIZIN】元UFCジャレッド・ブルックス「マクレガースタイルが正しいと思ってたけど、トラッシュトークは止めたんだ」=越智晴雄と対戦

8/18(日) 14:17配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される『RIZIN.18』にて、現DEEPストロー級王者の越智晴雄(パラエストラ愛媛)と対戦する元UFCのジャレッド・ブルックス(米国/Mash Fight Team)が事前取材に応じた。

【写真】パンクラスで試合後に乱闘騒ぎを起こしたブルックス

対戦相手の越智は2018年9月にRIZINに初参戦し、当時PANCRASEストロー級王者だった砂辺光久を左フックからのサッカーキックでKO、衝撃的な勝利を収めている。

今回、RIZIN初参戦となるジャレッド・ブルックスはレスリングがバックボーンでMMA14勝2敗。 2016年2月の「WSOF-GC 2」 で猿丸ジュンジを2R KOに下し、衝撃日本デビュー。その後も順調に勝ち星を重ね、同年10月にはPANCRASEにも参戦。潤鎮魂歌から右フックでダウン奪いパウンドアウトし、12戦無敗をマークし、2017年7月からUFCに参戦。本来のストロー級ではなくフライ級で戦い2勝2敗。2018年9月のUFC前戦では、ロバート・サンチェスにスプリット判定で競り勝っている。

ニックネームである“ザ・モンキーゴッド”はクモザルのような姿と、ヒンドゥー教でクモザルは「神様」を意味することから付けられた。その実力と切れるトラッシュ・トークは日本でも大きなインパクトを残している。

初のリング、初のRIZINで実力者ブルックスはどんな試合を見せるか。

──コンディションは?

「バッチリだよ。1カ月以上準備期間があったから、これまでで一番、厳しく練習をやってきた。試合が楽しみだよ」

──格闘技のキャリアは?

「神が導いてくれた。子供の頃から兄弟でレスリングをやり、ボコボコにされたけど、それが今日のためにあったかと思うと、その結果が日曜日に出るんじゃないないかと思う」

──越智選手の印象は?

「とても素晴らしい選手。ストロー級で世界ランキング1位だと思うし、それにはそれ相応の理由がある。でも今回の試合で自分が世界一だと証明するよ」

──どんな試合を見せたい?

「ファンが喜ぶスタイルだ。皆が見たことない、とてもエキサイティングな試合を見せるよ。RIZINではストロー級はまだ注目されていないけど、ストロー級に注目しなければならなくなる試合を見せたい。RIZINで一番、優秀な選手だと証明したい」

──以前はトラッシュトーカーでしたが、落ち着いたように見えます。

「キャリアを通して人として成長したんだ。キャリアの最初はコナー・マクレガースタイルが正しいと思ってたけど、そうではないと気づいたんだ。謙虚でリスペクトフルであることが自分のスタイルに合っている。自分自身に嘘をつかないこと、自然なままでふるまうことが正しいと思っているよ。ただ、勘違いしてほしくないのは、リングに入ったら今まで通りエキサイトでアグレッシブでとんでもない試合をすることは変わらない。安心してほしい。リング上では越智をノックアウトするよ」

──UFCでは自身の階級で戦えなかった?

「謙虚に、といま言ったけど、自分では世界一のストロー級ファイターだと思っているし、世界一のフライ級ファイターだとも思っている。見た目は細くて弱そうに見えるかもしれないけど、パウンドフォーパウンドで、ほんとうに肉体的に強いアスリートだと思っているので、この試合後もRIZINがストロー級でもフライ級でもチャンスをくれることを願っているよ」

──コーチのジェームス・リーが以前、PRIDEやPANCRASEに出ていましたが、彼からはどんなアドヴァイスを?

「僕も2度、日本で試合をしたけど、いい思い出ばかりで、ジェームスもいいアドヴァイスをくれた。前回のPANCRASEでは(試合後に)ちょっとやりすぎた感があって、そこは反省しているんだ。ジェームスからも行きすぎず、無理をせず自分らしく戦えと言われているんだ。ただ、僕はエンターテイナーだから入場も期待しておいてくれよ」

──リングでの試合は初めてですか? そして初のRIZINルールについては?

「金網ではなく、リングのなかではボクシングや空手の試合はたくさんやってきたけど、MMAでは初めてだ。でもRIZINルールは大好きさ。踏みつけやサッカーキックがOKなら、テイクダウンして顔面を蹴りつけてやるよ。こんなに楽しいことはないじゃないか」

──家族がストリートファイトの一家だった?

「父も叔父も1970年代から近所でよく不良によくからまれていた。からまれたら必ずやるとういうところに住んでいたからね。おおごとにするわけじゃないけど、何度も喧嘩でつかまったよ。強くあらなきゃいけない環境だった。それで近所では有名だったよ」

──ビートボックスが得意だとか?

「子供の頃、ADHDだったから集中力がなかったんだ(笑)。それだよくやっていた。やって見せようか?」

──ぜひ!

(実演し、記者陣から拍手が沸き起こる)

以下は、記者との質疑応答に出てきた、ブルックスの事前アンケ-トの回答だ。「フランキー・エドガーが好き」というブルックスの格闘技好きな面も表れている。あわせて紹介したい。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 14:17
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事