ここから本文です

シリコンヴァレーが傾倒する「創造的破壊」では、世界は決してよくならない

8/18(日) 14:10配信

WIRED.jp

偉大なるフォークシンガーで米国のヒーローでもあったピート・シーガーは、かつて少しばかりの皮肉を込めて「スト破り」に同情することなどないと語っていた。シーガーなら、彼の歌の歌詞の一節を引用してこう言っただろう。

テクノロジー業界で働くなら、やはり選ぶべきはシリコンヴァレー?

「心配しなくていい。やつらはどうせすぐに勢いを取り戻して、“弱い者たちからかすめ取ったものでいい暮らしをしていく”はずだから」。シーガーは敵をどうやり込めればいいかを知っていた。

これと似たような話が現代にもある。シリコンヴァレーでは最近、「Uber Eats」「DoorDash」「Seamless」といった食品配達アプリが批判に晒されることが増えている。『ニューヨーク・タイムズ』が配達員たちの過酷な労働条件について報じたためだが、こうした状況で逆にサーヴィスの存続を心配する声も出ているのだ。

『ニューヨーク・タイムズ』の記事は、食品配達アプリの運営会社で働く従業員(企業側の言い分によれば「独立の契約者」だ)の労働の実態を明らかにしている。ときには最低賃金にも満たない額を稼ぐために、レストランと配達先の往復をいったいどれだけ繰り返さねばならないのか、という話だ。

スト破りと「ディスラプション」の共通項

こうした批判を受けてDoorDashは、すでにチップを配達員ではなく自社の売り上げに加算することをやめる方針を固めた。また、今後は配達1回ごとの最低支払い額を設定するとも約束している。そんなことをしてDoorDashは企業として利益が出せるのかと心配になる人もいるかもしれないが、もちろん大丈夫だと断言しよう。

こうした企業は、いまの事業が危うくなったら、別のサーヴィスを立ち上げればいいのだ。例えば、視覚障害者が何かを販売できる「See Me」といった名称のアプリをつくって、最初の売り上げ500ドル(約53,000円)に対して100パーセントの手数料を課すというのはどうだろう。もし文句を言われたら、視覚障害者に新しい機会を提供するために必要なコストだと主張すればいい。

シーガーが生きていたら、「利己的な“破壊者”は太古の昔から存在するのさ」と言っただろう。ただ、ここ数十年で変わってきたのは、こうした破壊者たちが情熱や自信、イデオロギーといったものを振り回すようになったことだ(厚かましさに関しては言うまでもない)。

米国で労働争議が盛んになった1900年代初頭、スト破りは理解に苦しむ行為だった。ストライキを続ければ自分たちの要求が受け入れられるのに、なぜ団結を乱そうとするのか。一方で、それが生み出す“破壊(ディスラプション)”となれば話は別だ。学問の世界においてディスラプション(創造的破壊)は研究対象になっている。それに、むしろ破壊を促したいと考えている者たちもいる。ヴェンチャーキャピタルだ。

1/3ページ

最終更新:8/18(日) 14:10
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい