ここから本文です

意外と多い!?キッチンに毎日立っている「料理男子」は半数近くもいた!

8/18(日) 7:20配信

@DIME

料理を頻繁に作る人にとってはこだわりのスペース、逆にまったく作らない人にとっては単なる手水場である自宅のキッチン。

今回、そんな「キッチン」にフォーカスして、どんなタイプのキッチンを使っている人が多いのか。

また、どれくらいの頻度でキッチンに立っている人が多いかなどを調べたアンケート調査の結果を紹介していきたい。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

自宅のキッチン、「壁付け型」が最多に
Q 現在あなたご自身が住んでいる住居の、キッチンのタイプについて、あてはまるものをお選びください。複数のキッチンを所有している方は、最も利用頻度が高いものについて回答ください。



「住んでいる住居のキッチンのタイプ」を尋ねる調査が行われたところ、「壁付け型」が39.3%で第1位に。以降、「対面カウンター型」(32.6%)、「独立型(ダイニングとキッチンが分離されている)」(21.1%)と続いた。

Q あなたが「キッチン」を利用する頻度について、最もあてはまるものをお選びください。





次に、「キッチンを利用する頻度」を問うアンケート調査が行われたところ、「ほぼ毎日」が70.6%と最多だった。男女別にみると、「ほぼ毎日」キッチンに立つ男性は49.7%なのに対して、女性は90.8%となっている。

やはり、男性よりも女性のほうがキッチンを利用する頻度は多いようだが、男性の5割近くが連日キッチンに立っている「料理男子」であるという事実も浮かび上がっていた。



キッチンで料理をする際の不満、第1位は「調理をするスペース全体が狭い」
Q あなたは、現在利用しているキッチンに何かしらの不満はありますか?



「キッチンに対する不満はあるか」と尋ねる調査が行われたところ、「かなり不満がある」(14.7%)、「やや不満がある」(41.2%)を合わせて55.9%の人が何らかの不満を抱えていることが明らかに。

Q料理におけるキッチンの不満や困りごとについて、あなたの考えにあてはまるものをすべてお選びください。



続いて「料理をする際に、どんな不満を抱えているのか」と尋ねる調査が行われたところ、「調理をするスペース全体が狭い」(49.8%)が第1位にとなった。他にも、「食材などを置くための場所が取れない」(46.0%)、「収納スペースが足りない」(46.0%)など、スペースに対する不満が目立つ結果となった。

30代から60代に聞く、キッチンの利用に関する実態調査
・調査期間 : 5月28日(火)~6月1日(土)
・調査対象 : 30歳~69歳の男女1746名
・有効回答数: 1746

出典元:株式会社ジャストシステム

構成/こじへい

@DIME

最終更新:8/18(日) 7:20
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年11月号
9月14日発売

定価980円

スマホ激変!
キャッシュレス決済 最終案内
グルメな調理家電&ツール39
特別付録 デジタルスプーンスケール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事