ここから本文です

明治大から竹本琴乃(4年)と吉田明日香(2年)がベスト8進出 [インカレテニス]

8/18(日) 11:03配信

テニスマガジンONLINE

「平成31年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦6日目。男女ともにシングルス4 回戦とダブルス2回戦、3回戦が行われたが、ダブルス3回戦は一部、日没順延となった。

2019年度 全日本学生テニス選手権大会|トーナメント表

 明治大から唯一、2人の選手がベスト8に駒を進めた。吉田明日香(2年)は4回戦で予選から勝ち上がってきた阿部宏美(筑波大1年)と対戦。1年生の勢いに押されて第1セットを4-6で落としたが、第2セットは3-0と逆襲に転じた。

 その後、5-2までリードを広げるが5-6と逆転され、あと2ポイントで敗戦というところまで追い込まれる。しかし、そこからが吉田の真骨頂だった。「とにかく1本でも多く返そう」と決め、逆転勝利へと結びつけた。スコアは4-6 7-6(2) 6-3、3時間3分に及ぶ熱戦だった。

 着実に力をつけている。最近の、一般の国内大会では4大会で決勝に進出して3大会で優勝。すでに秋の全日本選手権の出場も決めている。自分のプレーができれば勝てるという自信が、今の吉田にはあるのだろう。

 阿部は3回戦で第1シードの松田美咲(亜細亜大3年)を下し、この日も勝利に近づいたが、最後に詰めを欠いた。それでも、この逆転負けは阿部には大きな経験となっただろう。プレーの質は高く、これからが楽しみな選手であることは間違いない。

 明治大からは第8シードの竹本琴乃(4年)も中谷琴乃(甲南大4年)との“琴乃”対決を7-6(1) 6-2で制して8強進出を決めた。「最後のインカレ、ひとつでも多く勝ちたい」という竹本の気迫が中谷を上回った。

 昨年は4回戦で負けていたから、その壁は乗り越えた。春季関東学生あたりから「自分のプレーが明確になって、やりたいことがはっきりしている」と言う。妹も同じ明治のテニス部に入部し、自覚も高まっている。明治大の女子から2人のシングルス8強入りは初めての快挙だ。

 男女を通じ、シングルス8強に残った唯一の1年生は佐藤南帆(慶大)だ。第4シードながら優勝候補の大本命なのは誰もが認めるところで、この日も千村もも花(筑波大3年)に6-1 6-2と快勝した。

「自分から組み立てていけたし、大事なポイントでしっかりとストレートに打っていくことができた」と佐藤。ユニバーシアードでは金メダルを獲得し、インカレも勝って当然と周囲は見ているが重圧に感じるか、という質問には「みんなから言われますけど大丈夫です。チャレンジャーの気持ちで戦っていますから」と謙虚に口にした。

 本戦7日目の18日は、男女ともにシングルス準々決勝、ダブルスは日没順延となった3回戦と準々決勝が行われる。

(編集部◎牧野 正)

最終更新:8/18(日) 11:03
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事