ここから本文です

手ぶらで深夜のサマソニを満喫!収納力抜群の“着るバッグ”に注目! 20周年のサマソニSNAP

8/18(日) 18:13配信

GQ JAPAN

20周年を迎えたサマーソニック東京会場で来場者たちのファッションチェック!オールナイトイベント「エヌエフ・イン・ミッドナイトソニック」では、多機能ベストを着用し、手ぶらで楽しむ人を多数発見した!

【サマソニ会場SNAPを写真で見る!】

真夜中は手ぶらで踊りたい!

8月17日の夜、国内最大規模の都市型音楽フェスティバルである「サマーソニック2019(以下、サマソニ)」は、ロックバンドのサカナクションとコラボレーション。「エヌエフ・イン・ミッドナイトソニック(NF in MIDNIGHT SONIC)」と題したオールナイトイベントを千葉県千葉市の幕張メッセで開催した。メインアクトとして登場したサカナクションをはじめ、全12組のアーティストがライブやDJプレイを行なった。『GQ JAPAN』は、このイベントでスナップ取材を敢行した。今回は来場者の多くが着用していた多機能ベストにフォーカス!

オールナイトイベントだからか、クラブのように少ない荷物で臨む来場者が多かった。手ぶらで音楽を楽しみたい。そんな時に大活躍するのが収納力に優れる多機能ベストだ。

「少し涼しくなる夜は、“着るバッグ”が多いのにもうなずける。音にあわせ、クラブさながらに手足フリーで踊りたいならなおさらだ。ちなみに、現代ファッション・デザイナーたちは音楽フェス好きが多い。フェス会場で、デザイナーを見かけたこともあるはず!? つまり、そんな彼らから生まれているのが、手ぶらでフェスを楽しめる“着るバッグ”というアイテムだ。踊って、スマホいじって、あれこれ収納して。フェスは手ぶらがスマートに見える場所、かつおしゃれ武装したニュアンスにもなるので、上級者なら取り入れるべき“着るバッグ”である。」とGQ JAPANファッション・ディレクターの森口は分析する。

■ブランド名不明。古着のベスト。スマートフォンや財布もすっぽり入るポケットの大きさだ。

■サープラス品のベスト。ベストにペットボトルも取り付けることで両手がフリーに。

■“着るバッグ”以外の両手が空くバッグも人気。フェストレンドでもあるネオンカラーのエフシーイーのバッグ。

■バオ バオ イッセイ ミヤケのバッグ

文・GQ JAPAN編集部 写真・長田英哲

最終更新:8/18(日) 18:24
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事