ここから本文です

第1シードの羽澤慎治(慶大2年)が4回戦敗退 [インカレテニス]

8/18(日) 12:01配信

テニスマガジンONLINE

「平成31年度 全日本学生テニス選手権大会(男子87回/女子63回)」(岐阜県岐阜市・岐阜メモリアルセンター/本戦8月13~21日/ハードコート)の本戦6日目。男女ともにシングルス4 回戦とダブルス2回戦、3回戦が行われたが、ダブルス3回戦は一部、日没順延となった。

2019年度 全日本学生テニス選手権大会|トーナメント表

 昨年のファイナリストで第1シードの羽澤慎治(慶大2年)は4回戦で田形諒平(筑波大2年)と対戦。第1セットを2-6で落とすと、第2セットも3-5と追い込まれた。しかし、ここから勝ちを意識した田形の隙を突き、気迫の4ゲーム連取で7-5と逆転。最終セットへ望みをつないだ。さすが羽澤だった。

 ところが、最終セット1-1、まさにここからというとき、羽澤の足が止まった。まさかのケイレン。最初は左足がつり、次に右足、そしてふくらはぎから腹筋と来ては、どうにもならなかった。最終セットは6-1で田形が勝利した。

「出だしの入り方が悪かった」と羽澤が悔やむ。タフな試合になるとわかっていたから、少し力んでしまった。第2セットは巻き返したが、そこまでのツケが最後にきた。勝った田形は「複雑ですけど、勝ったことはうれいしいし、第1セットは自分のプレーができた」と口にした。

 筑波大からはもうひとり、第5シードの川橋勇太(4年)が木元風哉(早大3年)を6-3 6-4のストレートで下してベスト8へ進んだ。「一戦一戦を楽しんで、結果はあとからついてくる」の気持ちで戦っている。春季関東学生で2連覇。卒業後はプロ転向を決意していることもあり、インカレは是が非でもほしいタイトルだろう。

 第3シードの田中優之介(早大3年)と昨年のインターハイ3冠王でもある白石光(早大1年)の早大対決は、田中が3-6 6-3 6-1で田中が勝った。第1セットを落とした田中だったが、気持ちは落ち着いていた。「ゆっくりと楽しんでやろう」と気持ちを切り替えると、第2セット以降は田中のペースとなった。

 白石は体力負けだった。「もう少し走り続けることができれば…」と悔やんだように、第1セットこそ持ち味の粘り強さを発揮したが、第2セット中盤からは明らかにガス欠だった。インカレの戦い方、経験は、田中のほうが一枚も二枚も上手だった。

 予選から勝ち上がった小林雅哉(早大4年)は第2シードの今村昌倫(慶大3年)に3時間41分、ファイナルタイブレークの末に敗れた。小林は泣いた。「最後にいい試合できたけれど、チャンスはあったし、もっと上に行きたかった」。1年生のときに優勝し、そこからは故障もあり、思うようなテニスができなかったが、最後まで全力で戦い抜いたという実感が涙となった。

 本戦7日目の18日は、男女ともにシングルス準々決勝、ダブルスは日没順延となった3回戦と準々決勝が行われる。

(編集部◎牧野 正)

最終更新:8/18(日) 12:01
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事