ここから本文です

F1と腕時計と、地中海の青い海と空に想う──たかがモナコ、されどモナコ。

8/18(日) 20:11配信

GQ JAPAN

DAY1:50周年を祝う特別なモナコ

モナコ湾に突き出たレーニエ3世通り沿いに係留するタグ・ホイヤーのヨット「シードリーム号」がツアーの宿であり、旅の拠点となる。ヨットからクルマで移動すること30分、タグ・ホイヤーがモナコ50周年を祝う特別なモデルの発表の場に選んだ「Villa Key Largo(キー・ラーゴ・ヴィラ)」に着くと、日が沈んだ地中海の空は赤みがかった紫色に変わっていた。 このヴィラに集まったのはF1アストンマーチン・レッドブル・レーシングチームのドライバーであるマックス・フェルスタッペン、ハリウッドスターのパトリック・デンプシー、トップモデルのベラ・ハディッドとウィニー・ハーロウ、そしてサーファーのカイ・レニーといったセレブたちだ。

ここで50周年を祝う特別なモナコの第1弾としてお披露目されたのが、1970年代のスタイルにオマージュを捧げたモデルである「1969-1979 リミテッドモデル」。“コート・ド・ジュネーブ装飾仕上げのグリーンダイアル”が印象的なこちらは、1969年に誕生した伝説的な自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「キャリバー11」を搭載する。ブラウンとグリーンのアクセントが効いたダイアル、3時と9時位置に2つのブラックゴールドメッキのサブダイアル、そしてブラウンのレザーストラップを備える。単なる復刻モデルかと思ったら、さにあらず。まさにクラシカルモダンといった雰囲気だ。タグ・ホイヤーは今年、モナコが誕生した1969年から10年ごとの時代を象徴する記念モデルを4つ、順次登場させるという。

DAY2:モナコ王室とF1

モナコ大公自動車博物館を見学。ハリウッド女優として全盛期のグレース・ケリーと結婚したレーニエ3世は自動車に情熱を注ぐコレクターとしても有名で、1950年の終わりごろからクラシックカーのコレクションを開始している。記者が取材したこの日は、アストンマーチン・レッドブル・レーシングの最新マシンから、ナイジェル・マンセルがドライヴした1989年のフェラーリ「F1 640」、ルイス・ハミルトンがドライヴした2007年のマクラーレン「MP4-22」といった往年のF1マシンのほかに、250 GT カブリオレ・シリーズII(1961年)、275 GTB/2(1964年)、DAYTONA Gr.4(1971年)、DINO 246(1973年)、288 GTO(1984年)、TESTAROSSA(1986年)といった希少なフェラーリが並ぶ。複合商業施設のテラス・ド・フォンヴィエイユにあるこの博物館には、レーニエ3世が所有したコレクションから、各年代物の自動車がおよそ100台も展示されていた。

ちなみに1929年からはじまったモナコGPは、公道を封鎖するということもあって、まさに国を挙げての一大スポーツイベントだ。F1をはじめとしたスポーツイベントの誘致とその維持は、モナコ王室の支援なくしては不可能であり、王室の貢献度は計り知れない。今年のモナコGPでは、そのレーニエ3世の後継者となったアルベール2世が助手席にシャルーレヌ公妃を乗せて、アウディのSUVを片手で運転しながら、客席に手を振っていた。大公夫妻による決勝前のパレード・ランである。日本ではとても想像できない光景だ。王室とモータースポーツとの距離の近さがとても羨ましく思った。約90年、しばしば痛ましい事故にも見舞われた市街地F1GPがつづいてきたことのうちに、この地におけるモータースポーツ文化の深みを思わざるをえなかった。日本でもお台場や三宅島や大阪などで公道レースを行う話が浮かんだり消えたりしているけれど、腰を据えた話にはとても思えないのは、情けないかぎりだ。

2/4ページ

最終更新:8/18(日) 20:11
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事