ここから本文です

【ゆうこす】 ニートからフォロワー150万人以上のモテクリエイターへ! そのモットーは?

8/18(日) 19:20配信

with online

アイドルグループHKT48に約半年所属後、2012年に脱退。ニート生活を経て、自己プロデュースを開始。今は「モテクリエイター」という唯一無二の肩書で株式会社KOSを起業。タレント、モデル、SNSアドバイザー、インフルエンサー、YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍。著書『丸く尖る発信で仕事を創る 共感SNS』(幻冬舎)も話題のゆうこすさん(菅本裕子・25歳)に、好きなことを仕事につなげていく秘訣についてお聞きしていきます。

あるとき気付いた、「モテたい」という“ぶりっ子願望”

こんにちは、ゆうこすです。「モテクリエイター」と名乗り、YouTubeやInstaguram、Twitter、ブログ、生配信など、さまざまなSNSでモテに関する情報を発信しています。

アイドルグループを脱退した2012年後、ニート生活を送ったり、イベントをしてもファンが3人しか集まらなかったりもしました。

そんなとき、自分の中に「モテたい」という、ぶりっ子願望があることに気付いたんです。これって、女の子ならきっとだれでも持っている願望ですよね。だから、それをあえて前面に押し出して「モテる為に生きてる」と、自分が本当に追いかけたいテーマで発信することにしました。「私は男女問わず愛されたいぶりっ子です」とプロフィールにも書いて(笑)。

そうして2016年からSNSを一人で発信し続けて、今はSNSの総フォロワー数が150万人以上になりました。

そんな「モテ」を軸にしながら、今はありがたいことに、毎日23時からインスタライブの生配信をしたり、スキンケアブランドyouange やアパレルブランド#amicのプロデュースをしたり、タレント育成や飲食店経営をしたりと、本当に楽しい毎日。ニートから、年商は2億円ほどになりました。

でも、……振り返ってみると、20代前半のころは、やりたいことがなかなか見つけられなかったんです。

約110万円払って、幻冬舎の見城社長に会いに!

アイドルを辞めてからは、料理アイドルを目指したりと迷走した時期もありました。試行錯誤をしてSNSで発信していく中で、「これ、やってみたいことかも」「ワクワクして楽しい」と思えることが、少しずつ見えてきて、それが今につながっていると感じます。

もし「やりたいことが見つからない」という方がいたら、なんでもいいので始めてみることをおすすめしたいです。YouTubeをやりたいと思っても、いきなりやるのが難しければ、例えばYouTubeを配信しているHIKAKINさんのイベントに行ってみるとか。たとえ直接話ができなくても、イベントを見に行くだけでもワクワクして、それが次のモチベーションにつながっていくと思うから。

いろいろな人に会ってみることは、本当に刺激的。

実は私、幻冬舎の見城社長のファンで、思いきって会いにいったことがあります。

私が尊敬している堀江貴文さんやSHOWROOMの前田裕二さんが、「見城さんを尊敬している」と書かれていたので、私も見城さんのSNSをフォローしたり、番組を見たりしていたんですよね。

どうしても見城社長にお会いしてみたいと思っていたところ、時間を売買できるアプリ「タイムバンク」に出られたのを見つけて! 見城さんとのランチタイム90分を、迷わず速攻で申し込みました。

そのお値段は、なんと約110万円! そんな大きなお金を使うのは初めてでしたけど……「女の子が110万円も払って会いに来る」と、会う前からおもしろがっていただけるかも!と思ったんです。

そのことが、著書『丸く尖る発信で仕事を創る 共感SNS』(幻冬舎)の出版にもつながりました。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 19:20
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事