ここから本文です

【RIZIN】ファーストコンタクトでアクシデント、越智晴雄vsブルックスはノーコンテストに

8/18(日) 17:16配信

ゴング格闘技

RIZIN.18
2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

▼第7試合 53.0kg契約 5分3R ※ヒジあり
-越智晴雄(52.95kg/日本/パラエストラ愛媛)
[1R 10秒 ノーコンテスト]
-ジャレッド・ブルックス(52.95kg/米国/Mash Fight Team)

【写真】早々に無効試合となり、頭を抱えて悔しがるブルックス

 越智は大学で空手を経験し、その後ボクシング部に入部すると同時に総合格闘技も始めた。2017年9月にDEEPストロー級王者カン・サトーをギロチンチョークで破り初戴冠。第二代同級王者となった。2018年4月に柴田“MONKEY”有哉も退けると、9月にRIZIN初参戦。砂辺光久に左フックからサッカーボールキックで衝撃的なKO勝利を収めている。前戦は3月の「DEEP 88 IMPACT」。川原波輝を相手に3Rにダウンを喫するも、後半をドミネートし越智が判定勝利、2度目の王座防衛に成功している。

 対するブルックスはレスリングがバックボーンでMMA14勝2敗。 2016年2月の「WSOF-GC 2」 で猿丸ジュンジを2R KOに下し、衝撃日本デビュー。その後も順調に勝ち星を重ね、同年10月にはPANCRASEにも参戦。潤鎮魂歌から右フックでダウン奪いパウンドアウトし、12戦無敗をマークし、2017年7月からUFCに参戦。本来のストロー級ではなくフライ級で戦い2勝2敗。2018年9月の前戦では、ロバート・サンチェスにスプリット判定で競り勝っている。UFCでは2勝2敗の戦績を残した。

 セカンドロープの上から前転してリングインしたブルックス。対する越智はセコンドの石渡伸太郎とともにリングに向かう。

 1R、ともにオーソドックス構え。ブルックスの左に越智は右を合わせると、首投げでブルックスがテイクダウン! ガードに中に入れる越智。しかしレフェリーが2人を分ける。

 互いの頭が当たりバッティングで越智が右目上、額から出血。傷は深く、ドクターチェックの末、続行不可能。ゴングが鳴らされた。

 ゴングにブルックスは悔しがってコーナーを叩いて咆哮。越智もヒザをマットに着き、四方に頭を下げた。ファーストコンタクトのアクシデントでノーコンテストとなったストロー級最強決定戦。再戦必至か。

最終更新:8/18(日) 22:21
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事