ここから本文です

【RIZIN】朝倉海が堀口恭司を初回KOする史上最大の番狂わせ!

8/18(日) 20:03配信

ゴング格闘技

RIZIN.18
2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

▼第13試合 メインイベント 61.0kg契約 5分3R ※ヒジあり
×堀口恭司(60.75kg/アメリカン・トップ・チーム/RIZIN&Bellator世界バンタム級王者)
[1R 1分08秒 KO]
○朝倉 海(61.00kg/トライフォース赤坂)

【写真】ダウンした堀口に朝倉がとどめのパウンド

 6月のBellatorにてダリオン・コールドウェルを返り討ちにし、敵地でのタイトル奪取という快挙を成し遂げた堀口。同階級の世界トップを競う位置にいる堀口の戦績は28勝2敗、対して朝倉は2012年プロデビューで12勝1敗。実績には大きな差があり、朝倉のチャレンジマッチという図式。

 朝倉海は、初代THE OUTSIDER 55-60kg級王者。実兄の朝倉未来とともに愛知県豊橋市から上京し、RIZINでは才賀紀左衛門をTKO、マネル・ケイプ、トップノイ・タイガームエタイ、ムン・ジェフンにいずれも判定勝利で4戦無敗。MMA12勝1敗のうち唯一の黒星の相手であるジェフンにもリヴェンジを果たしている。2018年12月31日のジェフン戦以来、8カ月半ぶりの試合。

 当初、4月の『RIZIN.15』横浜大会で佐々木憂流迦との対戦が決まっていたが、佐々木が内臓疾患によるドクターストップで欠場。代わってジャスティン・スコッギンスが海と対戦することが発表されたが、今度はスコッギンスが練習中の怪我で「半月板損傷及び靭帯部分断裂」。ドクターストップによる欠場で、試合が中止となっていた。

 その後、6月の『RIZIN.16』神戸大会に出場予定だった朝倉だが、練習中に負傷し「眼窩底骨折」と診断されたためドクターストップ。全治2カ月と診断されていた。また6月29日には自身のSNSにて「名古屋なら俺がやりたい」と堀口の対戦相手に名乗りをあげており、今回実現に至った。

 1R、ともにオーソドックス構え。入りのフェイントをかける堀口。先に右ストレートで飛び込む朝倉。かわす堀口はダッキング。左から右で飛び込む。

 堀口の右ローをかわす朝倉は跳び前蹴りへ。これはバックステップで回ってかわす堀口。

 コーナーに詰める堀口の右の入りにカウンターの右を当てた朝倉! 腰が落ちる堀口は下がる。詰める朝倉は堀口の頭が下がったところに右のアッパーを2連打! 下がる堀口は大きな右を振るが空を斬る。

 さらにロープに詰める朝倉は左ヒザのテンカオ! 堀口の組み付きをはがし、さらに堀口の右をかわしてさらに左ヒザ! 堀口は手を着きながらもダウンはしない。ノンストップで詰める朝倉は、足をもつれさせながら下がる堀口に右フック! さらに追ってロープに詰めると右フック! ダウンした堀口に朝倉がパウンド、レフェリーが間に入った。

最終更新:8/18(日) 22:19
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事