ここから本文です

【KNOCK OUT】トーナメント決勝は江幡塁が小笠原瑛作を返り討ちして初代王者に

8/18(日) 20:43配信

ゴング格闘技

KNOCK OUT「K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER」
2019年8月18日(日)東京・大田区総合体育館

【写真】江幡の右ハイキックが炸裂、両者の顔が激闘を物語る

▼第10試合 メインイベント KING OF KNOCK OUTスーパーバンタム級初代王座決定1DAYトーナメント決勝戦
○江幡 塁(伊原道場/新日本キックボクシング協会日本バンタム級王者/WKBA世界スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-26
×小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS/ISKA K-1ルール世界バンタム級王者)
※江幡がトーネメント優勝、KING OF KNOCK OUTスーパーバンタム級初代王座に就く。

 KING OF KNOCK OUTスーパーバンタム級初代王座決定1DAYトーナメント決勝戦の顔合わせは、新日本キックボクシング協会日本バンタム級王者・江幡とISKA K-1ルール世界バンタム級王者・小笠原となった。両者は昨年6月のKNOCK OUTで一度対戦しており、その時は江幡が小笠原からKO勝ちを収めている。

 今回のトーナメントでは、江幡が1回戦でWMC日本スーパーバンタム級王者・大野貴志に苦戦を強いられながらも、ダウンを奪っての判定勝ち。一方、小笠原は1回戦でミケール・フェルナンデス(スペイン)に左ローでダメージを与え、しっかりと差をつけて判定勝ちしている。共に決勝へ駒を進め、1年越しの再戦に臨む。

 1R、構えは小笠原がサウスポーで、江幡がオーソドックス。小笠原が左ミドルを蹴れば、江幡もすぐに右ミドルを返して応戦。小笠原も前蹴りで江幡を吹っ飛ばす。

 パンチが冴える江幡は左右フックから鋭い右ロー。小笠原もクリンチに持ち込んで離れ際を右フックで狙う。江幡はパンチを打ち分け、たびたび右ボディストレートをヒットさせる。

 2R、左ミドルを積極的に蹴る小笠原に対し、パンチのコンビネーションを返していた江幡が、強烈な左ストレートで先制のダウンを奪う。立ち上がった小笠原も江幡の追撃をかわすと、ほどなく右ストレートをヒット。江幡は鼻から出血する。

 3R、ワンツーから左ミドルを連打して懸命に前に出る小笠原。江幡もワンツーや左右フックから蹴りを振り抜いていく。以降も小笠原が左ハイからバックスピンキック、江幡が右アッパーから左ハイをぶつけ合うなど、一進一退の攻防が続いた。

 勝敗の行方は判定に持ち込まれ、2Rにダウンを奪った江幡に軍配。江幡が小笠原を返り討ちにし、KING OF KNOCK OUTスーパーバンタム級初代王者に輝いた。

 試合後、マイクを向けられた江幡は「みなさん、応援ありがとうございました。KNOCK OUTのベルトを巻くことができました。初めてのトーナメント戦だったのでドキドキでした。大野選手は試合前の『噛みつく』という言葉通りの力強さでしたし、小笠原選手も気持ちが見せてくれました。僕は新日本キックボクシング協会とWKBAの世界ベルトを持っています。僕には双子の兄(江幡睦)がいて、彼もチャンピオンです。ここからがスタートです。これからもっとキックボクシングが盛り上がると思います。もっともっと白熱した試合が届けられると思います、みなさん、応援よろしくお願いします」と勝利のコメントを述べた。

最終更新:8/18(日) 20:43
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事