ここから本文です

【RIZIN】堀口恭司、試合後コメント「すごい悔しいので。すぐにでも再戦したい」

8/18(日) 21:11配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催された『RIZIN.18』のメインイベントは、朝倉海(トライフォース赤坂)がRIZIN&Bellator世界バンタム級王者・堀口恭司(アメリカン・トップ・チーム)を1R1分08秒でKOするという衝撃的結末に沸いた。

【写真】堀口が朝倉のカウンターの右をもらった瞬間

 試合後、堀口はインタビュースペースに姿を現し、「すぐにでも再戦したい」と朝倉とタイトルを懸けてのリマッチを希望した。以下、記者との一問一答。

――試合の感想からお願いします。

「全然覚えていないので。ただ負けたということがすごい悔しいので。すぐにでも再戦したいと思っています」

――相手の印象は?

「全然覚えていないので。まあわからないですね」

ーー今後の展望は?

「そうですね、朝倉選手が勝ったので、また多分、ベルトを懸けて戦えると思うので、そこでしっかり勝ちたいと思います」

――試合前の正直なコンディションはどうだったのでしょう。怪我などは?

「ちょこちょこはありますが、そんなことは言ってもしょうがないので、負けは負けです」

――動けない部分がある中で、自分でできる作戦を立てていた?

「まあ、そうですね」

――1発目も覚えていませんか?カウンターの右でした。

「全然覚えてないですね」

――どこから記憶がない?

「まあ、ほぼないっすよね。カウンターを食らっているので、そうなると記憶もほぼないです」

――戦略として、相手が堀口選手のプレッシャーに対してのカウンターを想定したと思うのですが。

「想定内でしたけど、入っちゃった」

――相手の仕掛ける打撃は見切れていたように見えたのですが。

「一瞬の隙を突かれたというか、格闘技なので、そのパンチをもらっちゃったという感じです」

――この試合を受けたことを今どう感じますか?

「自分の中では、もう一回やりたいなと。前向きに、もう一回やって、やってやろうって感じですね。そんなクヨクヨしてもしょうがないので」

――ダイレクトでリマッチやってから次?

「まあ、それでもいいし。もうちょい間を挟んでもというならそれでもいいし、まあもう一回やりたいです」

――ダイレクトでやりたいといえば、通ると思いますが…。

「そこはよく分からないですけれど、やりたいなって思うので。これでもっと格闘技が盛り上がると思うので、やりたいです」

――気持ちはもう切り替えている?

「でも、言っても、そんなに前のことを気にしてもしょうがないので、やるしかないので、またやります」

――記憶がなくなるようなことはこれまでにもありましたか?

「何回かはありますね、空手だったりで2、3回ありました」

――総合を始めてからは?

「ないですね。良かったんじゃないですか、これでまた1から強くなろうっていう感じです」

――試合後、リング上に残っていたのはなぜ?

「全然覚えてないですね」

――どこから記憶が戻りましたか?

「控え室に戻ってからですね。そこからだと思います」

――戻ってから朝倉選手と何か話しましたか?

「まだ話してないですね。ありがとうというのは伝えたいです。で、もう一回やろうよと言いたいです」

最終更新:8/18(日) 21:11
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事