ここから本文です

車酔いは?渋滞のときは?愛犬とのドライブ気になる疑問Q&A

8/18(日) 11:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

愛犬と一緒に車でお出かけできたら、行動範囲が広がりますね。しかし、いざ車で出かけるとなると、愛犬の車酔いや渋滞時のトイレなどが気になります。今回は、そうした疑問をQ&A方式でご紹介!さらに、お出かけ先で必要になるグッズもご紹介します。

Q:愛犬の車酔いが心配です

A:乗車前のゴハンの量と、運転の仕方に気をつかって

犬は、お腹がいっぱいの状態で車に乗ると酔いやすくなってしまいます。そのため、外出前のゴハンはあらかじめ少なめにしましょう。また、運転中は急ブレーキや急発進はNG。犬が酔う一因になってしまいます。
優しい安全運転を心がけてください。そのためにも、お出かけのルートはなるべくカーブの少ない道を選び、休憩もこまめにとるようにしましょう。

Q:渋滞に巻き込まれたら、トイレはどうすればいい?

A:渋滞情報は常にチェック。混雑を避けてSAで休憩も

渋滞情報は常にチェックし、混雑が予想されるときは、先にSAなどでトイレ休憩をさせます。場合によっては、混雑が解消するまでSAで時間をつぶすのも必要な手段です。犬は自分の寝床でオシッコやウンチをするのを避ける動物。突然の渋滞に巻き込まれてどうしてもトイレに行けないときも、クレートなら比較的我慢しやすいでしょう。

Q:お出かけグッズは何を持っていけばいい?

A:お出かけ先によって臨機応変に

基本的な普段の散歩グッズとリードのほかに、お出かけ先によって必要になるグッズがあります。例えば海へのお出かけなら、海水や砂から体を洗う必要があるため、真水をペットボトルに入れて持っていくとよいでしょう。一方、山へのお出かけなら、犬用の虫よけスプレーのほか、泥はねなどで愛犬が汚れることを想定して、洋服があると便利です。

また、街中のお出かけは犬にとって刺激が多いので、普段食べているおやつを多めに持っていきましょう。人が多い場所では、マナーパンツを着用させるのもよいです。マナーパンツにはオス用、メス用があります。サイズもさまざまなので、愛犬の体格に合ったものを選んであげてくださいね。道に傾斜が多く歩きにくいようであれば、犬用カートやスリングも役立ちます。

そして、お出かけ先がどこかを問わず共通に必要なのが、フィラリアやマダニ、ノミのケアです。これらのケアは必ずおこなってから出かけましょう。

1/2ページ

最終更新:8/18(日) 11:35
いぬのきもち WEB MAGAZINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

いぬのきもち

株式会社ベネッセコーポレーション

最新号を毎月10日前後に
ご自宅にお届けします

1,111円

愛犬のしつけ、健康など、役立つ情報満載。
調べてもはっきりしなかった疑問に専門家が回答!
雑誌&付録を毎月ご自宅にお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事