ここから本文です

「家の中で一番暑いのはトイレ」!? 猛暑に知っておきたい「熱中症リスク」18のポイント

8/18(日) 11:00配信

文春オンライン

 今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

【リスト】熱中症のリスクを高める「ここは危険!」

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日~8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春」2013年8月15・22日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

“寒暖差”は大敵 まずは正しい対策・対処法を知ること

 今年は「1000年に1度の猛暑」になるという。7月28日の時点で救急搬送された熱中症患者は、全国で2万6860人。都内では、少なくとも60人以上が亡くなっている。

 7月下旬には涼しい日が続いたが、8月は全国的に高温となる見通しで、猛暑が戻る。熱中症にはこの“寒暖差”が曲者だという。

「今年は梅雨明けが早く、明けてすぐに熱波が来ました。そのため暑さに体が対処できず、多くの人が熱中症に倒れてしまったのです。本来ならば、このまま暑さに強い、汗をかきやすい体になっていくのですが、7月下旬に涼しい日が続き、体がリセットされてしまった。“第二の熱波”が来たとき、梅雨明け時と同じ事態になりかねません」(昭和大学医学部救急医学講座・三宅康史教授)

 夏休みが始まったことで、自宅で過ごす時間が増えたり、レジャーやスポーツに出かける機会も多いはず。それだけ熱中症のリスクも増えるが、正しい対策・対処法を知っていれば安心だ。

「熱中症」はどう発症するのか?

 熱中症とは、体の熱を放散することが出来なくなり、体温が上昇していく病気だ。

「人間は汗が蒸発する際の気化熱で体を冷やします。ところが、脱水状態になると体内の水分が減り、汗をかけなくなる。結果、体に熱がたまり、熱中症になってしまう。熱で脳や内臓がダメージを受け続けると多臓器不全となり、死へと繋がっていくのです」(桐蔭横浜大学・星秋夫教授)

 どんな症状が出て、どう対処すればいいのか。

1/5ページ

最終更新:8/18(日) 11:00
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事