ここから本文です

吉田麻也、今季初スタメンもビッグチャンスを逸する…リバプールがサウサンプトンに苦戦も開幕2連勝!

8/18(日) 0:53配信

SOCCER DIGEST Web

後半は様相が一転。リバプールがワンサイドゲームを展開

 現地時間8月17日、プレミアリーグ第2節が行なわれ、リバプールが敵地に乗り込んでサウサンプトンと対戦した。

【PHOTO】2019年夏の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち

 開幕節でバーンリーに0-3と完敗を喫していたサウサンプトンは、注目された吉田麻也を3バックの中央で先発起用。30歳の日本代表CBはこれが今シーズン初出場となった。

 立ち上がりから果敢なプレッシングを持ち味にする両軍がボールを奪い合う攻防戦が続いたなかで、リバプールにボールを持たれたサウサンプトンだったが、決して引くことなく応戦。そのなかで吉田に決定機を舞い込む。21分、ウォード=プラウズのCKにヘディングで合わせたが、渾身のシュートは相手GKアドリアンが好守に阻まれ、惜しくも得点には至らなかった。

 局面で肉弾戦を演じたサウサンプトンの執拗なプレスに苦戦を強いられ、攻撃の突破口を見出せずにいたリバプールだったが、個の力で前半終了間際に均衡を破る。

 アディショナルタイム1分、バイタルエリアからカットイン気味にエリア内に持ち込んだマネが右足一閃。強烈なシュートがゴール右上へと突き刺さった。

 マネの目の覚めるような古巣から一撃でリバプールが先手を取った試合は、1-0で折り返した。

 迎えた後半は、前半とは一転して、リバプールが一方的にサウサンプトンを押し込むような時間が続いた。全体的に動きが噛み合うようになったレッズ(リバプールの愛称)は、55分にサラー、64分にフィルミーノが惜しいシュートを放つなど、コンスタントに決定機も創出した。

 ボールの奪いどころ見失ったサウサンプトンは、セカンドボールをことごとく回収され、完全に防戦一方になる。そんな展開のなかで次点をもぎ取ったのは、攻勢を続けたリバプールだった。

 71分、敵陣左サイドでボールを奪ったマネからフィルミーノにボールを繋ぐと、巧みなボールコントロールでエリア内中央へ切り込んだ背番号9が放った狙いすましたシュートがゴール左下隅へと吸い込まれた。

 吉田とベドナレクの連携からボールをロストしてダメ押し点を奪われたサウサンプトンは一気にトーンダウン。かたや余裕の生まれたリバプールは、良いテンポでボールを回し続けた。

 なんとか一矢報いたいサウサンプトンは83分に思わぬ形から1点を返す。相手GKアドリアンのキックが猛然とチェイスしたイングスの足に当たってゴールに吸い込まれたのだ。

 予期せぬ失点で気を引き締めたアウェーチームは、残り時間をセーフティーに消化。それによって試合は2-1で終了。リバプールが開幕2連勝を飾った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:8/18(日) 0:56
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事