ここから本文です

【J1採点&寸評】仙台2-2川崎|圧巻2ゴールの長沢は「7」! 川崎は田中と長谷川が奮闘

8/18(日) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

仙台――平岡がロングフィードで長沢のゴールをアシスト

[J1リーグ23節]仙台2-2川崎/8月17日(土)/ユアスタ
 
【チーム採点・寸評】
仙台 6
久々に3バックで戦い、序盤は一方的に押し込まれて失点。しかし慣れてくると川崎の空いたスペースを突けるようになり、後半相手の背後を取って一度は逆転。同点に追いつかれたが、上位相手に勝点1はまずまずの結果。
 
【仙台|採点・寸評】 
GK
24 ヤクブ・スウォビィク 5.5
2失点とも前に飛び出したところでの失点でポジショニングに課題が残った。ロングキックも精度を欠く場面があった。
 
DF
4 蜂須賀孝治 5
クロスから決定機は作ったが、1失点目は登里の動きにつられて阿部を離してしまい、2失点目も長谷川に競り負けた。本人も「どちらも自分のところでやられた」と反省しきり。
 
23 シマオ・マテ 6
前半は3バックの中央でポジショニングが良くなかったが、後半は動きを修正し本来の人への強さや、高さ勝負の強さを出すことができた。
 

【仙台2-2川崎 PHOTO】意地がぶつかり合った激しい戦いはドロー決着!川崎は一時逆転を許すも土壇場で追いつく!

13 平岡康裕 6.5
1失点目は阿部のシュートを許してしまったが、後半正確なロングフィードで長沢のゴールをアシスト。その後もゴール前で身体を投げ出すプレーが多く、攻守で大きくチームに貢献した。
 
2 永戸勝也 6
久々に3バックの左で出場だったが、序盤の関口の負傷により左ウイングバックへ。最初は守備で戸惑いを見せていたが、徐々に修正し、後半は攻撃にも出られるようになった。
 
MF
17 富田晋伍 6
前半はチームとしてバランスをうまく保てず、1ボランチとなった自身の脇のスペースを使われたが、後半は松下か道渕が下りるようになり、持ち前のボール奪取や奪ってからの正確なパスを見せることができた。
 
8 松下佳貴 5.5
積極的に決定機に絡もうとしていたが、前に出過ぎるあまり、川崎の中盤の選手にスペースを与える場面や、球際の部分で弱さを見せる場面があり、守備に課題が残った。

1/3ページ

最終更新:8/18(日) 6:00
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事